• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 本格和食レストラン『美食米門 六本木』グランドメニューリニューアル!

本格和食レストラン『美食米門 六本木』グランドメニューリニューアル!

本格和食レストラン『美食米門 六本木』は、2020年1月22日(水)より、グランドメニューをリニューアルいたしますのでお知らせいたします。
美食米門 六本木

六本木-Roppongi-
日本有数の繁華街として、昼に夜に眩いばかりの光を放ちつつ、近年はアーティスティックな表情をも見せる、真の遊び方を識るオトナが集う常に最先端の街。ここに“美しき食=美食”との看板を掲げ続けるレストランがあります。
時には伝統的に、時には革新的に、和食ならではの繊細で多彩な調理法で、全国各地の厳選素材を“響宴”させてきた“食のシアター”『美食米門 六本木』です。
このたび、2020年というニッポンの新時代の幕開けに、グランドメニューをブラッシュアップ&リニューアルいたします。

看板役者は、六本木が激戦区と言われ、各店がしのぎを削る「料理」。選りすぐりの部位を、料理人こだわりのソースで味わう名物「陽炎石焼き」が、宴のハイライトを華やかに演出、さらに、新鮮な魚介類や野菜を用いた前菜や料理、〆飯までがしっかりと脇を固め、フィナーレへと導いていきます。
その体験はまさしく極上のエンターテインメント。息をも尽かせぬ“美食劇場”の新たな局面を、この機会にぜひご堪能ください。

『美食米門 六本木』 の看板・肉料理

A5ランク佐賀牛サーロインの陽炎石焼き~旨味ダレと山葵~A5ランク佐賀牛サーロインの陽炎石焼き~旨味ダレと山葵~ 5,800円
数あるブランド牛肉の中でも審査基準の厳しさで知られる佐賀牛。その最上部位のサーロインはサシの入り方も際立って美しく、まさに“肉の芸術品”。カツヲ、サバ、椎茸、昆布から取った和風出汁のソースが、素材の良さを繊細且つ大胆に引き出します。お好みで山葵も合わせると絶妙なアクセントに。

氷温熟成赤身肉の陽炎石焼き 玉葱をじっくり煮詰めて仕上げた赤ワインソースで氷温熟成赤身肉の陽炎石焼き 玉葱をじっくり煮詰めて仕上げた赤ワインソースで 1,980円
“肉そのもの”の旨みを感じられる赤身肉。凍り始めるギリギリの温度で寝かせる「氷温熟成」を施し、旨みや甘みを最大限に引き出しました。合わせるのはじっくりと煮詰めた赤ワインソースとパリパリ感がアクセントの牛蒡のチップス。今までにないマリア―ジュをお楽しみいただけます。

国産牛サーロインの陽炎石焼き~ブランデー香るガーリックソース~国産牛サーロインの陽炎石焼き~ブランデー香るガーリックソース~ 2,980円
の甘みが力強いサーロインには、風味の強いソースも良く合います。ニンニクを牛乳でじっくり煮ることで、その特有の臭みを抜き、旨みだけをまろやかなソースの中に残したオリジナルのソースは、まんべんなくサシの入ったきめ細やかな肉を包みこみ、極上の美味となって口の中に広がります。

馬ヒレ肉の陽炎石焼き~生姜ニンニク醤油~馬ヒレ肉の陽炎石焼き~生姜ニンニク醤油~ 2,680円
別名“桜肉”と呼ばれるほど、見るからに美しく、たおやかな風情をも漂わせる赤身肉が馬肉。とりわけ柔らかく舌触りも滑らかなヒレの部分を石焼きに。肉自体の上品な味わいに、敢えて生姜とニンニク、醤油というパンチが効いた強い味のソースを合わせることで、より旨みを感じていただくことができます。

霜降り牛タンのステーキ霜降り牛タンのステーキ 2,680円
牛タンの中でも上質且つ希少な部位・タン元を贅沢に使用。柔らかくほどよ脂の乗ったタン元は、噛むほどに小気味よい食感に続いて、ジューシーな肉汁が溢れ出します。昔ながらの製法で作られる石川県能登半島特産の珠洲塩を振りかけると、内に秘められた旨みがより一層引き出されます。

岩中豚ロースの塩麹グリル岩中豚ロースの塩麹グリル 2,380円
岩手県産のブランド豚肉・岩中豚。中でも肉と脂のバランスが良いロースの部分を塩麹に漬けこみ焼き上げました。塩麹の効果で、しっとりと柔らかく、まろやかな肉の旨みも増しています。ソースにも、国産米100%の塩麹を使用。麹の実力を如何なく感じられるグリル料理です。