サニーレタス

サニーレタスの特徴栄養・効果選び方保存方法旬の時期種類や仲間など、知っておきたいサニーレタスの基礎知識。
サニーレタスの画像

サニーレタスの特徴

サニーレタスとは結球しないリーフレタスの一種で、葉先が赤紫がかり縮れているため、別名を「アカチリメンチシャ(赤縮緬萵苣)」といいます。
1971年当初は「レッドレタス」という名で販売されていましたが、玉レタスが主流の時代で、色が赤紫ということもあり、市場評価は低く、あまり売れませんでした。その後、「太陽の恵を葉に受けて赤く色づいた」というイメージから、商品名を「サニーレタス」変更し、1980年代から普及し始めました。本来、「サニーレタス」は商品名ですが、一般名称として使われています。

サニーレタスの葉は薄く、縮れているのでレタスよりもやわらかく、苦味が少ないので、サラダなど生食に向いています。
また、焼肉を包むサンチュの代わりに使ったり、巻き寿司などにも使用します。

サニーレタスの栄養・効果

サニーレタスは玉レタスに比べて栄養価が高い緑黄色野菜で、β-カロテンは100gあたり2000μg含まれています。
ビタミンCB1B2B6K葉酸などのビタミンや、カリウムカルシウムマグネシウムマンガンなどのミネラル食物繊維なども玉レタスより多く含まれています。
葉の赤紫色はアントシアニンによるもので、屋内の水耕栽培などの日照が不十分な環境で育った場合は、あまり色がつかないこともあります。

サニーレタスの選び方

葉先の赤紫色が美しく、パリっとみずみずみしいものを選びましょう。

サニーレタスの保存方法

サニーレタスの根元に湿らせたキッチンペーパーを巻きつけ、ポリ袋に入れて、冷蔵庫の野菜室で保存します。
その際、立てて入れた方が長持ちします。

サニーレタスの旬の時期

サニーレタスは季節によって栽培される地域が異なり、一年を通して流通している旬のない野菜ですが、出荷量が多くなるのは5月から8月頃です。

サニーレタスの種類や仲間

リーフレタス、グリーンカール、フリルレタス、サンチュロメインレタスレタス(玉レタス)サラダ菜など。

関連記事
サニーレタスのカロリー・栄養価成分表
サニーレタスを使ったレシピの一覧

サニーレタスを使ったレシピ募集中
レシピ募集ページはコチラ