サラダ菜

サラダ菜の特徴栄養・効果選び方保存方法旬の時期加工品種類や仲間など、知っておきたいサラダ菜の基礎知識。
サラダ菜の画像

サラダ菜の特徴

サラダ菜とは、玉レタスのうち、バターヘッド型の結球がゆるいレタスです。
バターヘッド型というのは、葉の表面にバターを塗ったような光沢があるところからで、別名を「バターヘッドレタス」や「バターレタス」といいます。
玉レタスのうち、クリスプヘッド型が一般にいう「レタス」のことです。
サラダ菜は、歯ざわりがやわらかいのが特徴で、その名の通り、冷やしてサラダで食べるのに適しています。
サラダ以外では、焼いた牛肉や豚肉を巻いて食べたりもします。

サラダ菜の栄養・効果

サラダ菜は、クリスプヘッド型の玉レタスよりも栄養価が高く、β-カロテンが豊富な緑黄色野菜です。
ミネラルではカルシウムカリウムが多く含まれています。

サラダ菜の選び方

サラダ菜は、葉の緑色が濃く、肉厚でみずみずしく、ツヤとハリがあるものを選びましょう。
芯の切り口は白いものの方が新鮮です。茶色に変色したものは避けましょう。

サラダ菜の保存方法

サラダ菜は風に当たるとしなびるので、乾燥しないよう、ポリ袋に入れて冷蔵庫の野菜庫で保存しましょう。その際、立てて保存するとよいです。

サラダ菜の旬の時期

サラダ菜は通年流通しており、出荷量も一年を通してほぼ一定です。

サラダ菜の加工品

野菜ジュース。

サラダ菜の種類や仲間

レタスリーフレタスサニーレタス、グリーンカール、フリルレタス、サンチュロメインレタスなど。

関連記事
サラダ菜のカロリー・栄養価成分表

サラダ菜を使ったレシピ募集中
レシピ募集ページはコチラ