かぼちゃ/南瓜/カボチャ

かぼちゃの特徴・種類栄養・効果選び方保存方法旬の時期加工品など、知っておきたい卵の基礎知識。
かぼちゃ

かぼちゃの特徴・種類

かぼちゃはウリ科カボチャ属の果菜の総称です。
主に市場に出回ているのは、西洋かぼちゃ、日本かぼちゃ、ペポカボチャの3種類あります。

特に市場に多く流通しているのは西洋かぼちゃです。中でも、栗かぼちゃと呼ばれる品種が人気で、肉質はホクホクし、甘味が強いため、炒め物、天ぷら、スープ、スイーツなど幅広く使われます。

西洋かぼちゃ

西洋かぼちゃ

日本かぼちゃは、かつては盛んに栽培されていましたが、人気が衰退し、現在は宮崎や熊本でわずかに栽培されている程度です。淡白な味でねっとりした肉質のため、出汁がしみ込みやすく、煮物に適したかぼちゃです。

日本かぼちゃ

日本かぼちゃ

ペポカボチャは、ハロウィンなどの鑑賞用や薬用として栽培されますが、そうめんかぼちゃやズッキーニなどは食用にされます。

ペポカボチャ

ペポカボチャ

かぼちゃの栄養・効果

栄養価が高いのは、日本かぼちゃよりも一般に出回る西洋かぼちゃの方です。
かぼちゃはビタミンミネラルを豊富に含み、そのバランスが非常によい野菜です。
果肉のオレンジ色は緑黄色野菜の基準となるβ-カロテンの色で、皮膚や粘膜を強くし肌を守るため、美容効果、感染症予防の効果が期待できます。
100gあたりのβ-カロテンは含有量は4000μgですが、果肉よりも多く含んでいるのは、わたと皮で、わたは果肉の約2倍、皮には約3倍のβ-カロテンが含まれています。
ビタミンEも野菜の中ではトップクラスで、ビタミンCも多く含みます。β-カロテンは体内でビタミンAに変換されるため、かぼちゃは三大抗酸化ビタミンの「ビタミンエース(A・C・E)」がそろった栄養価の高い野菜といえます。
タンパク質と食べ合わせることで、さらに免疫力がアップします。
その他、かぼちゃにはビタミンB1B2食物繊維カリウム亜鉛マンガンなども多く含まれています。

かぼちゃの選び方

皮がかたくハリがあり、ずっしりと重みがああるものを選びましょう。
ヘタが乾燥してコルク状になっているもの、ヘタの周りがへこんでいるものは、完熟しています。
カットされたかぼちゃは、種と果肉の色をチェックし、種が膨らんで詰まっているもの、果肉のオレンジ色が濃いもの、わたの乾いていないものを選びましょう。

かぼちゃの保存方法

カットしていないかぼちゃは、風通しのよい冷暗所で保存すれば、1~2ヶ月持ちます。
カットしたかぼちゃは、種とわたを取り除き、ラップをして冷蔵庫の野菜室で保存します。この場合、一週間は保存可能です。

かぼちゃの旬の時期

輸入ものは通年出回りますが、国産のかぼちゃの旬は7月から11月です。

かぼちゃの加工品

スープ、菓子。

関連記事
栄養たっぷり♪「かぼちゃとベーコンのアヒージョ」のレシピ