レーズン/干しぶどう

レーズンの特徴栄養・効果種類保存方法加工品など、知っておきたいレーズンの基礎知識。
レーズンの画像

レーズンの特徴

レーズンとは、ぶどうを天日干しや人工的に乾燥させたドライフルーツの一種で、「干しぶどう」とも呼びます。
そのまま食するほか、ヨーグルトやシリアルに混ぜたり、パンやお菓子作り、様々な料理に利用されます。

レーズンの栄養・効果

レーズンには糖質が多く含まれています。この糖質は、脳や神経組織、赤血球などの唯一のエネルギー源となるブドウ糖で、体内に吸収されてからエネルギーに変わるのが早いため、疲労回復や体力増強に即効性があります。
レーズンはぶどうを乾燥させて水分を飛ばしているため、栄養成分が凝縮されています。
生のぶどうに比べ、カリウムリンが約6倍、カルシウムは約10倍、は約20倍、は約8倍と、非常に栄養価が高くなっています。
食物繊維も生のぶどうに比べて約4倍含まれているため、便秘解消やダイエット効果も期待できます。
また、骨を強化するマンガン亜鉛、血栓予防や視力改善に有効といわれるアントシアニンも多く含まれています。
逆に脂質は低く、コレステロールはゼロです。

レーズンの種類

トンプソンレーズン
黒褐色の最もポピュラーなカリフォルニアレーズン。
アメリカ産のレーズン専用種「トンプソン・シードレス」という種なしぶどうから作られます。
トンプソンレーズンの画像

サルタナレーズン
カリフォルニアレーズンに比べ、天日干しの時間が短いため、色が明るくて皮がやわらかく、果物本来の香りや甘さが残っています。
オーストラリア産のレーズン専用種「サルタナ」という種なしぶどうから作られます。
サルタナレーズンの画像

グリーンレーズン
中国ウィグル自治区で栽培されたマスカットから作れるため、「シルクロードレーズン」とも呼ばれています。
皮がやわらかく、酸味が少し強め、甘さは控えめなレーズンです。
グリーンレーズンの画像

枝付きレーズン
完熟したぶどうを枝を付けたまま乾燥させた高級レーズン。
他のレーズンに比べ、水分量が多くジューシーで、奥深い甘みが口いっぱいに広がります。
枝付きレーズンの画像

カレンズ
ブラックコリンス種のぶどうから作られる、通常の1/4程度の小粒なレーズン。
黒みがかった紫色で、酸味が強めです。
カレンズの画像

レーズンの保存方法

レーズンは乾燥剤の入った密閉容器で保存します。

レーズンの加工品

ぶどうパン、ラムレーズン。

関連記事
レーズンのカロリー・栄養価成分表

レーズンを使ったレシピ募集中
レシピ募集ページはコチラ