脂質

脂質の特徴働き上手なとり方摂取量目安不足過剰摂取多く含む食品・食材など、脂質の基礎知識。

脂質の特徴

糖質タンパク質が1gあたり4kcalのエネルギーをもつのに対し、脂質は1gで9kcalとエネルギー効率が高い栄養素です。
脂質を構成する脂肪酸は、大きく飽和脂肪酸不飽和脂肪酸に分類されます。
飽和脂肪酸は肉類に多く、肥満やコレステロール増加の原因になります。
不飽和脂肪酸は魚や植物油に多く、中性脂肪やコレステロールを低減させる働きがあるというように、脂肪酸の種類によって特性が異なり、脂質の質は脂肪酸によって決まります。

脂質の働き

脂質は少量でも高いエネルギー源となるだけでなく、余分に摂取したエネルギーは皮下や腹腔内に蓄えられ、体温の維持や内臓を守るクッションの役割をします。
リン脂質や糖脂質などは細胞膜を構成し、水分量を調整して細胞が正常に動くよう作用しています。
コレステロールは胆汁酸、性ホルモン、脳の神経組織、細胞膜の原料になります。
ビタミンADEKの脂溶性ビタミンは、に溶け込んで吸収されるため、脂質がなければ体内に吸収できません。

脂質の上手なとり方

脂質は皮下脂肪になりやすいため、とり過ぎは禁物ですが、控えすぎもよくありません。適量の摂取を心がけましょう。

脂質の摂取量

脂質の1日の摂取基準は摂取カロリーの20~30%程度の割合でとることです。

脂質の不足

エネルギー不足になります。
脂溶性ビタミンの吸収が悪くなります。
血管や細胞膜が弱くなります。

脂質の過剰摂取

肥満を招き、糖尿病、動脈硬化、脂質異常症、がんのリスクが高まります。

脂質を多く含む食品・食材

バターオリーブオイル、アーモンド、ピーナッツ(落花生)、くるみ、サーロイン、牛バラ肉、豚バラ肉、マグロのトロ、サバなど。