アーモンド

アーモンドの特徴栄養・効果選び方保存方法旬の時期加工品種類など、知っておきたいアーモンドの基礎知識。2ページ目以降はアーモンドのカロリー・栄養価成分表(乾燥フライ 味付け煎り 無塩)。
アーモンド

アーモンドの特徴

アーモンドはバラ科の落葉高木で、果実は果肉、殻、仁(胚乳)からできており、ナッツとして食用とするのは仁の部分です。
仁の風味によって、スイート種とビター種に分けられますが、食用として栽培されるのはスイートアーモンドです。
ビターアーモンドは青酸化合物のアミグダリンを多く含み、大量に摂取すると有毒なので、日本では食用として輸入できませんが、化学処理によってアミグダリンを除去したものが、アーモンドエッセンスの原料として、リキュールや洋菓子などの香り付けに使われています。

アーモンドの栄養・効果

アーモンドにはビタミンEが多く含まれ、全食品の中でもトップクラスの含有量です。
ビタミンEは強い抗酸化作用があるため、細胞の老化予防、美肌効果、ガンや生活習慣病の予防効果が期待できます。
「美容のビタミン」とも呼ばれるビタミンB2も豊富で、細胞の再生や成長を促進し、皮膚や髪、爪、粘膜などを健康に保つ効果が期待できます。
アーモンドの脂質には、不飽和脂肪酸のオレイン酸が豊富に含まれており、血中のコレステロール値を抑制し、動脈効果の予防にも役立ちます。
その他、タンパク質食物繊維ビタミンB1も多く、カルシウムマグネシウムなどのミネラルもバランスよく含まれています。
アーモンドの薄皮には、ポリフェノールの一種であるフラボノイドが多く含まれています。
フラボノイドには強い抗酸化作用があり、免疫力を整えたり、アンチエイジングやストレス緩和にも役立つため、アーモンドは皮ごと食べるほうがよいです。

アーモンドの選び方

殻つきのものは、むき実より劣化が遅いため、なるべくアーモンドは殻つきのものを選ぶとよいです。むき実の場合は、密閉された瓶や袋に入っているものを選びましょう。
無添加・無農薬のもの。塩分摂取過多になるのを防ぐため、なるべく食塩不使用のもの。素焼き(ロースト)など、を使っていないものを選ぶとよいです。

アーモンドの保存方法

酸化すると栄養効果が薄れるため、密閉容器に入れて保存します。
冷蔵・冷凍で保存すると、より栄養効果が保たれます。

アーモンドの旬の時期

アーモンドは8月から10月にかけて収穫され、日本へは11月頃から入ってきますが、流通は通年です。

アーモンドの加工品

アーモンドパウダー、アーモンドスライス、アーモンドダイス、アーモンドオイル、アーモンドバター、アーモンドミルク。

アーモンドの種類

スイートアーモンド、ビターアーモンド。