不溶性食物繊維

不溶性食物繊維の特徴働き種類多く含む食品・食材など、不溶性食物繊維の基礎知識。

不溶性食物繊維の特徴

不溶性食物繊維はに溶けない食物繊維です。
糸状のものや多孔質のものがあり、食感はボソボソ、ザラザラします。
噛みごたえがあるため、よく噛んで食べることになり、食べ過ぎによる肥満の防止、虫歯予防、脳の活性化に繋がります。

不溶性食物繊維の働き

不溶性食物繊維は保水性が高く、胃や腸の水分を吸収するため、便のかさが増し、腸が刺激されて、ぜんどう運動が活発になって、便通が促進されます。
早く便が排出されるため、有害物質が大腸内にとどまる時間も短くなり、大腸がんのリスクが軽減されます。
有害物質を吸収して排出する作用もあるため、食品添加物や農薬などの排泄にも効果があると考えられています。

不溶性食物繊維の種類

セルロース、ヘミセルロース、ペクチン、β-グルカン、リグニン、キチン、キトサン、コンドロイチン硫酸。

水溶性食物繊維を多く含む食品・食材

穀類野菜、未熟な果実、豆類、小麦ふすま、海藻、ココア、エビやカニの殻。