不飽和脂肪酸

不飽和脂肪酸の特徴と種類働き多く含む食品・食材など、不飽和脂肪酸の基礎知識。

不飽和脂肪酸の特徴と種類

不飽和脂肪酸は炭素どうしが二重結合した構造の脂肪酸で、結合が1つのものを一価不飽和脂肪酸、2つ以上のものを多価不飽和脂肪酸といいます。
さらに、多価不飽和脂肪酸は二重結合の位置によって、オメガ6脂肪酸(n-6系脂肪酸)とオメガ3脂肪酸(n-3系脂肪酸)に分類されます。
不飽和脂肪酸は常温で液体のものが多く、酸化しやすいという特徴があります。

不飽和脂肪酸の働き

不飽和脂肪酸は血中のコレステロール値を低下させたり、動脈硬化の予防になったりしますが、それらの作用は種類によって異なります。

不飽和脂肪酸を多く含む食品・食材

オリーブオイル、菜種油、紅花油、サンマ、ブリ、イワシ、サバなど。