種実類

代表的な種実類分類栄養・効果など、知っておきたい種実類の基礎知識。
種実類

代表的な種実類

ごま、えごま、亜麻仁、チアシード、ヘンプシード(麻の実)、ハスの実、かぼちゃの種、スイカの種、ひまわりの種、アーモンド、ピーナッツ(落花生)、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、マカダミアナッツ、ブラジルナッツ、ピスタチオ、、ぎんなん、くるみ、ココナッツ、松の実、栃の実など。
※ 豆類でも、ピーナッツなどは種実類として扱われるのが一般的です。

種実類の分類

種実類は、堅果(けんか)類、核果(かくか)類、種子類の3種に分けられます。
堅果類:栗やヘーゼルナッツのように、果実が非常に堅い殻に包まれているもの。
核果類:アーモンドやくるみのように、果実の中に大きなひとつの核があり、核の中にある種子を食用とするもの。
種子類:種子を食用とするもの。

種実類の栄養・効果

種実類は小さいものが多いですが、ビタミンミネラル食物繊維を豊富に含んでいます。
また、ぎんなんや栗などの糖質を多く含む種類と、アーモンドやカシューナッツなどの脂質を多く含む種類があり、ごま、えごま、亜麻仁、ひまわりの種、ココナッツなどは、としても利用されます。