メープルシロップ

メープルシロップの特徴栄養・効果保存方法旬の時期など、知っておきたいメープルシロップの基礎知識。2ページ目以降はメープルシロップのカロリー・栄養価成分表
メープルシロップ

メープルシロップの特徴

メープルシロップはカエデ科サトウカエデの樹液(メープルウォーター)を煮詰めてシロップ状にした甘味料です。
独特の香りがあり、ホットケーキやワッフルのシロップ、菓子の原料などに用いられます。
水の沸点以下で固体になるまで濃色したものを「メープルシュガー」といい、メープルシロップをさらに煮詰めて加熱濃縮した後、急速に冷やしながら撹拌して、クリーム状にしたものは「メープルバター」といいます。

メープルシロップの栄養・効果

メープルシロップの主成分は糖質炭水化物)ですが、はちみつや砂糖と比べると糖質は少なく、カロリーも低めです。
カリウムカルシウムマグネシウム亜鉛マンガンヨウ素クロムモリブデンなどのミネラルや、ビタミンB2パントテン酸などのビタミンB群は、はちみつより多く含まれています。

メープルシロップの保存方法

未開封のものは常温で保存。開封後は冷蔵庫で保存しましょう。
開封したメープルシロップを常温保存すると、水分が蒸発して結晶化したり、はちみつのような抗菌作用がないため、雑菌が繁殖する可能性があります。
保存期間は、未開封のもので2年から3年。冷蔵庫で保存した開封後のものは1ヶ月から1ヶ月半が目安となります。
開封したメープルシロップを1ヶ月程度で使い切ることが難しい場合は、冷凍保存がおすすめです。メープルシロップは糖度が高いため、常温保存よりも少しかたくなる程度です。

メープルシロップの旬の時期

カナダでは3月上旬から4月中旬にかけて収穫されるため、3月上旬から4月中旬がメープルシロップの旬といわれることもありますが、収穫盛りをいったもので、市場に多く出回ったり、最もおいしくなる時期という意味の旬とは異なります。