和三盆/和三盆糖

和三盆の特徴栄養・効果選び方保存方法旬の時期加工品など、知っておきたい和三盆の基礎知識。
和三盆の画像

和三盆の特徴

和三盆とは、在来種のサトウキビ「竹糖(細黍)」からつくる、淡い黄色をした砂糖です。
くどくない甘さで、後味が良いため、高級和菓子の材料として珍重されます。
また、細かな粒子の口溶けの良さと、黒糖をまろやかにしたような風味のある甘さから、そのまま固めて干菓子にもされます。
主に、香川県と徳島県で生産され、香川でつくられるものを讃岐和三盆、徳島でつくられるものを阿波和三盆と呼んでいます。

和三盆の栄養・効果

和三盆は砂糖の一種なので、主成分は糖質です。その含有量は100g中99gで、上白糖と大差ありません。
上白糖と異なるのは、タンパク質カリウムカルシウムマグネシウムリン亜鉛マンガンクロムなどのミネラルを微量に含んでいることです。
しかし、実際の使用量から、これらの成分は無いに等しい量になるため、基本的には上白糖とほぼ同じと考えてよいです。

和三盆の選び方

和三盆は産地と製造業者によって風味が異なるので、好みに合ったものを選びましょう。

和三盆の保存方法

和三盆は高温多湿、直射日光を避けて、常温で保存します。

和三盆の旬の時期

サトウキビは12月から2月頃に収穫され、和三盆の製造もこの時期ですが、流通は通年です。

和三盆の加工品

干菓子。

関連記事
和三盆のカロリー・栄養価成分表

和三盆を使ったレシピ募集中
レシピ募集ページはコチラ