自宅で出来る、本格的な「玉露」「煎茶」の淹れ方。高級ブランド茶「宇治茶」をより美味しく!

「玉露」の淹れ方

「玉露」の淹れ方
「玉露」の淹れ方
①沸騰したお湯60ccを湯冷ましまたはマグカップに入れ、茶碗に注いで人肌程度まで冷ます。(うつわに移すたび約10℃低下)
②急須に茶葉を大さじ山盛り2杯(約10g)入れ、茶碗のお湯(約40℃)を茶葉が浸るくらいまで注ぐ。
③蓋はせず、2分程で茶葉がお湯を吸って薄緑色に変化したら茶碗に注ぐ。
④濃さが均一になるよう急須から茶碗に順番に回し注ぐと、旨みが口中に広がる。2煎目以降はお湯の温度を上げ、抽出時間を短くすると良い。

「煎茶」の淹れ方

「煎茶」の淹れ方
「煎茶」の淹れ方
①沸騰したお湯180ccを3人分に分けて茶碗に注ぎ、70~80℃まで冷ます。急須に茶葉小さじ2杯を入れ、湯を入れる。
②蓋をして茶葉の浸出を待ち、45秒~1分程で茶葉が黄緑色に変化したら、濃さが均一になるよう茶碗に回し注ぐ。最後の一滴まで絞りきるのがポイント。
③2煎目以降、お湯の温度を少し上げ、待ち時間を短くして1煎目同様に最後まで絞りきることで旨みが広がる。同じく濃さも均等に。

情報提供:宇治茶道場「匠の館」、宇治市営茶室「対鳳庵」