• HOME
  • トピックス
  • 火を使わないでもOKな簡単レシピ!「ローソンストア100」の商品で目からウロコの「快適レシピ」

火を使わないでもOKな簡単レシピ!「ローソンストア100」の商品で目からウロコの「快適レシピ」

料理中の暑さや吹き出す汗に、ストレスを感じることも多い暑い夏。そこで、「ローソンストア100」にある商品を使った「一日中火を使わないでもOKな簡単レシピ」をご紹介します。
レシピ監修:きゃらきゃらさん(料理研究家・カワイイ食卓研究家、インスタグラマー)

【ご紹介するレシピ】
朝からほっこり『わさびバターごはん』
本格的『スープカレー』
放ったらかし『さば缶アヒージョ』
超簡単『抹茶パフェ』

朝:ふりかけご飯にちょい足しで完成!朝からほっこり『わさびバターごはん』

まずは朝ごはんから作っていきましょう。1分、1秒が惜しい忙しい朝には、簡単であることが絶対条件です。しかも、出かける準備が済んだあとは、なおさら一滴の汗もかきたくないというのが心情。ということで、教えていただいたレシピは、『わさびバターごはん』。
きゃらきゃらさん:「ふりかけにちょい足しで、おかずがいらないめちゃウマごはんが完成します。パパッと作れるので、忙しい朝にも便利です」

わさびバターごはん材料
材料:レトルトごはん/VLわさびふりかけ/VL薩摩産鰹節使用かつおパック/VLバター(各・税込108円)

【わさびバターごはんの作り方】
1:レトルトごはんをレンジで表示通り温める。
2:お茶碗にごはんを入れ、わさびふりかけ・かつお節・バターの順にのせて、醤油をまわしかけて完成。

わさびバターごはん

本当にあっという間に完成しました。「香ばしいかつお節と醤油が香るホカホカごはん」という最高のビジュアルは「これぞ日本の朝」といった雰囲気ですが、一口食べてみるとイメージは一転。まろやかなバターの風味が広がるその奥に、フワッと感じるわさびの風味。和と洋の絶妙なバランスが楽しめます。
永谷園と共同開発した『VLわさびふりかけ』には、白ごまやのりなどがたっぷりと入っているので、おかずがなくても口寂しさはゼロ。さらには、大容量なので贅沢に使えるのもオススメポイントです。
バターの上から「追いふりかけ」をすれば、さらにツンとした風味がアップします。静かに溶けてくバターとやさしい香りに、朝からほっこり。「あれ、もう一杯いけるかも」と、食欲全開まちがいナシのおいしさです。

お昼:レトルトカレーにアレを混ぜるだけ!?本格的『スープカレー』

朝ごはんが簡単だったので、お昼の期待も高まるところですが、次なるメニューは『スープカレー』とのこと。「さすがに煮込みが必要なのでは」と少々不安。
きゃらきゃらさん:「VLスタミナカレーにVLオニオンスープと水を加えてレンチンするだけで、お店に負けないスープカレーができるんです。これに、VL冷凍野菜を温めてトッピングすれば、オシャレなスープカレーが完成しますよ」

スープカレー材料
【材料】VLひとくちハッシュドポテト 6月26日(水)新発売/VLスタミナカレー/VLオニオンスープ/VLいんげん/VL揚げなす/VLかぼちゃ/VL鶏のから揚げ/味付たまご(各・税込108円)

【スープカレーの作り方】
1:耐熱ボウルに、水(150ml)、オニオンスープ1袋、スタミナカレー全量を入れて混ぜ、レンジで温める。
2:冷凍の鶏のから揚げ、揚げなす、いんげん、かぼちゃをレンジで、ハッシュドポテトをトースターで温める。
3:器に1と2を入れて、半分に切った味付たまごをのせ、あらびき胡椒をかける。

スープカレー材料

ボウルに材料を入れてレンジで温めただけなのに、本当にお店のようなスープカレーができあがりました。手間という手間は、野菜を盛り付けたところだけでしょうか。
この『VLスタミナカレー』は、とんこつベースのカレーで、おろしニンニクなども入った、いわばガッツリ系なのですが、『VLオニオンスープ』を入れると、さっぱりとした味わいに変化するんです。オニオンスープの旨みも重なって、後味はスッキリ。食べやすいので、食欲が落ちがちな夏にとってもオススメです。
さらに嬉しいのが、野菜をモリモリ食べられるということ。VLの冷凍食品を使えば、温めるだけでいいので、切りにくいかぼちゃと格闘する必要もありません。なすも素揚げしてあります。そして、6月26日(水)に発売されたばかりの『ひとくちハッシュドポテト』や、『VL鶏のから揚げ』などを入れればボリュームもアップするので、パワーが必要な夏にこそぜひお試しください。