アサリ/あさり/浅蜊

アサリの特徴栄養・効果選び方砂抜き方法保存方法旬の時期加工品種類や仲間など、知っておきたいアサリの基礎知識。2ページ目以降はアサリのカロリー・栄養価成分表(佃煮水煮缶詰味付け缶詰)。
あさりの画像

アサリの特徴

アサリとは、マルスダレガイ科の代表的な食用二枚貝です。
昔は国産だけで需要が満たされていましたが、現在は生息する浅瀬や干潟の減少により、中国や韓国からの輸入ものが増えています。
その割に、国産表示のアサリが多いですが、これは輸入したアサリをいったん日本の干潟に入れ、養殖しているためです。
このような国産ものは、天然の国産ものと比べると味は劣ります。

アサリの栄養・効果

アサリには、カルシウム亜鉛マグネシウムなどのミネラルが豊富に含まれています。
特に鉄を多く含み、動物性食品に含まれる鉄は、吸吸収率の高いヘム鉄なので、貧血予防に効果的です。
また、アサリは造血作用のあるビタミンB12の含有量が貝類でトップクラスで、昔から「貧血予防にはアサリ」といわれてきました。
ビタミンB12には末梢神経の機能を正常に保つ働きもあるため、眼精疲労や肩こりの解消にも役立ちます。

アサリは旨み成分のタウリンも多く含んでいます。
タウリンはコレステロール値を下げて動脈硬化予防、肝機能の改善・強化し、二日酔いの解消に役立つほか、疲労回復にも効果があります。

アサリの独特の旨みは、貝類に総じて含まれるコハク酸というアミノ酸によるもので、アサリはホタテの次にコハク酸を多く含んでいます。
出汁を必要としないほど旨みが溶け出るので、味噌汁やスープ、酒蒸しなど煮汁ごととれる調理法に多く利用されます。
砂抜きしたアサリを3時間ほど常温で保存するだけで、コハク酸が増え、旨みが増します。

アサリの選び方

殻付きのアサリは、模様がはっきりしているもの。殻がふっくらとして重みがあるものは良品です。
また、につけた時に水管を出すもの。触れるとすぐに口を閉じるもの。磯の香りがするものは新鮮です。
殻が茶褐色に変色していたり、口が開きっぱなしのものは避けましょう。
むき身のアサリは、つやつやしていて弾力のあるものを選びましょう。

アサリの砂抜き方法

アサリを重ならないように並べ、海水と同じ2〜3%濃度の塩水をアサリの頭が少し出るくらいまで入れ、置いておきます。この時、光が当たらない暗い場所の方が砂がよく抜けます。
市販のもので3時間ほど、潮干狩りのものなら6時間ほどで砂抜きが完了します。

短時間で砂抜きしたい場合は、アサリを50℃の湯に入れ、殻をこすりつけるようにして洗い、貝が重ならないようにして15分〜20分ほど放置しても砂抜きできます。
口がちょっと開く程度が良いです。

アサリに砂が混じっていると、せっかくの味が台無しになります。必ず砂抜きをしましょう。
アサリの砂は身の表面についているだけなので、むき身の場合は、さっと水洗いするだけで十分です。

アサリの保存方法

海水程度の塩水(濃度2〜3%)に浸して冷蔵庫で保存します。
アサリを冷凍保存する場合は、砂抜きした後、洗って水気を切り、フリーザーバッグに入れて冷凍庫へ。

アサリの旬の時期

アサリの旬は春先の3月から4月と、初秋9月から10月です。

アサリの加工品

佃煮、水煮缶詰、味付け缶詰。

アサリの種類や仲間

ホンビノスガイ、ウチムラサキ。

アサリを使ったレシピ募集中
レシピ募集ページはコチラ

【注目の記事】