紹興酒/老酒

紹興酒の特徴栄養・効果保存方法種類など、知っておきたい紹興酒の基礎知識。2ページ目は紹興酒のカロリー・栄養価成分表
紹興酒の画像

紹興酒の特徴

紹興酒とは、中国浙江省紹興市付近で製造される中国を代表的する黄酒(醸造酒)です。
紹興酒は熟成期間が長いほどまろやかな香味となり、3年以上が美味といわれます。
日本では、紹興酒を「老酒(ラオチュー・ラオチュウ)」と呼ぶこともありますが、老酒は紹興酒を長期貯蔵したもののことです。
紹興酒の主原料は、もち米、麦麹、酒薬、鑑湖の水などで、酸味が強く、清酒に比べて酸度が2〜3倍高いです。

紹興酒の栄養・効果

紹興酒の主成分は炭水化物。疲労回復に役立つアミノ酸を豊富に含みます。
アルコール度数は清酒と同程度の14〜18度なので飲みやすいですが、カロリーは100gあたり127kcalで、清酒よりもやや高めです。
紹興酒は、ナトリウムカリウムカルシウムマグネシウムリン亜鉛マンガンなどのミネラルを含んでいます。
ビタミンB群のビタミンB2ナイアシンパントテン酸なども含まれています。

紹興酒の保存方法

紹興酒は、直射日光を避け、温度変化の少ない暗いところで保存しましょう。高温は劣化の原因となるため、夏場は冷蔵庫で保存した方が良いです。
賞味期限内に消費しましょう。賞味期限の表示がない紹興酒は、未開栓のもので1〜2年以内に飲むのが好ましいです。

紹興酒の種類

製造法により、「元紅酒」「加飯酒」「善醸酒」「香雪酒」の4種類があり、順に糖度が増し、甘くなります。

元紅酒
伝統的な製法で造られる全ての基本となるもの。糖度は0.2〜0.5%くらいで、辛口のものが多いです。

加飯酒
元紅酒より、もち米や麦麹を1割増やして造られる。日本に輸入されている紹興酒の多くがこのタイプです。加飯酒の熟成期間が長いものを「花彫酒」といい、花などが描かれた素焼きの瓶に詰められています。糖度は0.5〜3.0%です。

善醸酒
仕込みの水の代わりに、元紅酒を加えて造るもの。甘味があり、口当たりがよいです。糖度は3.0〜10.0%です。

香雪酒
元紅酒のもろみに麦麹を追加し、さらに老酒の粕取焼酎を加えて発酵させたもの。甘味が強く、糖度は10.0%以上あります。

関連記事
紹興酒を使ったレシピの一覧

紹興酒を使ったレシピ募集中
レシピ募集ページはコチラ