自宅で楽しむヘルシーブルーベリー料理オリジナルレシピ公開!シルバーバレーファーム「Berry at home」プロジェクト

カナダ・バンクーバーで活躍する気鋭のシェフが提案する、 体も心もアガるプチ贅沢レシピ!
カナダのブルーベリー生産最大手のひとつSilver Valley Farms Ltd.,(シルバーバレーファーム/ブリティッシュコロンビア州/レイ・ビリン 代表取締役社長)は、自宅で過ごす時間が増えている今、ヘルシーでおいしい食生活をサポートすべく、日本の家庭での手軽なブルーベリーレシピの紹介などを行う「Berry at home」プロジェクトを開始しました。そして、この度、「Berry at home」プロジェクトの第2弾となるオリジナルレシピを本日から公開します。

「Berry at home」プロジェクトレシピ

「ステイホーム」はこの先も。「プチ贅沢」を家で楽しむ生活へ

新型コロナウイルスに関わる緊急事態宣言が地域によって解除・緩和されるなか、新しい生活様式が政府より提案されるなど、引き続き、予断を許さない状況です。今後も、「ステイホーム」はキーワードと考えられます。このような状況下で、食生活においても、いつも以上に手の込んだ料理や、お菓子作りなどを楽しむ人が増えていると言われています。また、テイクアウトやデリバリーの拡充、お取り寄せの広がりなどで、自宅で「プチ贅沢」を楽しむ人は今後も増加すると考えられます。

冷凍ブルーベリーは出荷量UP。家庭でのおやつ作りやフルーツの買い置きにマッチ

シルバーバレーファームでは、日本への冷凍ブルーベリーの出荷量が増加、2020年3・4月は前年比20%以上アップの輸出量となりました。おやつ作りや、手軽に食べられるフルーツとして、ブルーベリーが認知されているとともに、冷凍で買い置きできる利便性が現在の日本の生活状況にマッチしていると考えられます。冷凍ブルーベリーは、技術の進化により、収穫後の風味と栄養がそのままキープできます。ブルーベリーの本場、北米では、冷蔵庫に常備される人気商品のひとつです。

栄養豊富なスーパーフード「ブルーベリー」。リモートワークの眼精疲労にも

ブルーベリーは、ビタミンEやビタミンB群等のビタミン類、亜鉛といったミネラル類が多く、また食物繊維も摂取できる栄養価の高いスーパーフードのひとつです。なかでもポリフェノールの一種で抗酸化作用のある「アントシアニン」が豊富に含まれています。アントシアニンを1日40g(ブルーベリー換算 約20~30粒)摂取することで効果が期待できるといわれており、アントシアニンは眼精疲労に効果がある成分として知られています。リモートワークにより、オンライン会議などで今まで以上にPC画面を見る機会が増え、疲れがちな目のケアにもおすすめです。

カナダ人シェフが教える、自宅で楽しむヘルシー・おしゃれなブルーベリーレシピ

~いつもと違う食材で、贅沢気分を味わう~
バンクーバーで活躍しているシェフのライアン氏に、自宅で楽しめるヘルシーでおしゃれ、ちょっとした贅沢に体も心も喜ぶレシピを提案してもらいました。いつもと少し違う食材を使用して、贅沢気分を味わってみてください。

★ブルーベリーチアプディング★
スーパーフードのチアシードに、ブルーベリーを軽く煮たブルーベリーコンポートをあわせたヘルシースイーツです。グラノーラをトッピングしているので、朝食にもおすすめ。ぷるぷるプチプチ食感がクセになります。
ブルーベリーチアプディング
◆材料
【ブルーベリーコンポート *1/2カップ分】
冷凍ブルーベリー・・・2カップ半
リンゴ酢・・・30ml
ライム果汁・・・1個分
すりおろしたライムの皮・・・少々
オレンジ果汁・・・1個分
すりおろしたオレンジの皮・・・少々
はちみつ・・・60ml

【チアプディング 3~5個分】
チアシード・・・1/4カップ
アーモンドココナッツミルク・・・1カップ
バニラオイル・・・小さじ1
メープルシロップ・・・大さじ1

【仕上げ】
ブルーベリーコンポート・・・大さじ2
チアプディング・・・1カップ
グラノーラ・・・大さじ1
ココナッツフレーク・・・小さじ1
フレッシュブルーベリー・・・適宜
フレッシュラズベリー・・・適宜

◆作り方:
(1)ブルーベリーコンポートの材料を全て鍋に入れ、中火で水気がなくなるまで煮る。粗熱をとり、冷蔵庫で冷やしておく。
(2)チアプディングの材料を全てボウルにいれ、ダマにならないようフォークでよく混ぜる。ラップをして、3時間から一晩、冷蔵庫で冷やしておく。
(3)冷やしておいたブルーベリーコンポート大さじ2を、好みのグラスやカップの底に入れ、チアプディング1カップを上に足す。
(4)チアプディングの表面にグラノーラ、ココナッツフレーク、フレッシュなブルーベリーやラズベリーを散らす。

*トッピングはお好みでご用意ください。
*アーモンドココナツミルクがない場合は、アーモンドミルク、ココナツミルク、豆乳、牛乳でもおいしくできます。