• HOME
  • グルメ
  • 八芳園の料理人がマルコメの食材を用いてお届けする、こだわりの精進料理コース

八芳園の料理人がマルコメの食材を用いてお届けする、こだわりの精進料理コース

2019年ラグビーワールドカップジャパン、来年2020年に迎える東京オリンピック・パラリンピックなど、世界的なメガスポーツイベントが日本国内で開催されます。
世界各国から日本へ、東京へ旅行者が集まるこの背景を受け、9月20日(金)、八芳園では「淹れよう日本茶プロジェクト」公式監修の元、国内外からの訪都旅行者へ向けた新たな日本文化体験プラン「令和円融喫茶喫飯」をリリースしました。
八芳園の日本庭園を舞台とし、日本茶体験「円融茶禅」、庭園散策、そして日本の精進料理を味わうこのプランでは、八芳園とマルコメが初の共同開発でご提供するこだわりの精進料理コースをお楽しみいただきます。

大豆のお肉と野菜のわっぱめし、豆腐と若布のお味噌汁、塩糀の香の物(和食・食事)

大豆のお肉と野菜のわっぱめし、豆腐と若布のお味噌汁、塩糀の香の物(和食・食事)

【日本の味を世界へ、”食”で繋がる八芳園×マルコメ】
「OMOTENASHIを世界へ」を掲げ、昨今の食の多様化や増加する食の安全・バリアフリーへの意識変化に伴い、食育やメニュー開発・フードデザインなど様々な取り組みを行っている八芳園。
今回タッグを組むマルコメは、「日本のあたたかさ、未来へ。」をコーポレートメッセージとし、おいしさや健康はもちろん、毎日のよろこびを、生きる力の源を世界中のあらゆる人々へ届けていくことを使命としています。
食を通して健康を推進するという両社の想い・使命が一致し、この度、協業によるメニュー開発が実現いたしました。

【マルコメの人気商品を用いた、こだわりの精進メニュー】
お届けするメニューは、の代用品として話題となった”ダイズラボ 大豆のお肉ミンチ”、女性に人気の”プラス糀”シリーズを取り入れた「大豆のお肉と野菜のわっぱめし、豆腐と若布のお味噌汁、塩糀の香の物」や、マルコメの人気商品”旬を楽しむ田楽みそ”を使用した前菜「大根とお麩の風呂焚き」、”旬を楽しむからし酢みそ”を使用した造里替り「お刺身湯葉、からし酢味噌掛け、野菜色々、目物一式」など、こだわりの精進料理の数々。
八芳園が誇る料理人たちが、日本の発酵食品と向き合ってきたマルコメの発酵食材を用いた、全く新しい精進レシピをお届けいたします。

左:大根とお麩の風呂焚き(和食・前菜)/右:お刺身湯葉、からし酢味噌掛け、野菜色々、目物一式(和食・造里替り)

左:大根とお麩の風呂焚き(和食・前菜)/右:お刺身湯葉、からし酢味噌掛け、野菜色々、目物一式(和食・造里替り)

【八芳園内レストランにて味わう精進料理】
この度共同開発した精進料理コースは、八芳園内にある日本料理店「ENJYU SHIZENKAN RESTAURANT」にてご提供します。
昨今の和食ブームもあり、健康志向の観点から世界的に注目を集めている精進料理を、健康・栄養バランス・食の多様化に配慮して開発した八芳園×マルコメの共同開発メニュー。受け継がれる精進料理をより身近にお召し上がりいただけるよう、店舗での提供を決定いたしました。
さらに今回、マルコメとの共同メニュー開発に伴い、もうひとつの八芳園内レストラン「スラッシュカフェ」では、ベジタリアン対応の洋食メニューもご用意。
「令和円融喫茶喫飯」プランにてお召し上がりいただけますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

農園野菜のグリーンサラダ(洋食・前菜)

農園野菜のグリーンサラダ(洋食・前菜)