• HOME
  • トピックス
  • タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂」台湾グルメ『酸菜白肉麺』など期間限定発売!

タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂」台湾グルメ『酸菜白肉麺』など期間限定発売!

タピオカミルクティー発祥の台湾カフェ「春水堂(チュンスイタン)」は、2020年3月2日(月)より台湾で大人気の白菜鍋をアレンジした『酸菜白肉麺(サンサイパイローメン)』(価格900円)と桜海老と筍たっぷりな『桜海老と筍のまぜ麺』(価格850円)を期間限定で新発売いたします。
また、同日より台湾の朝ごはん代表ともいえる豆乳スープの『鹹豆漿(シェントウジャン)』も新発売いたします。

『酸菜白肉麺』と『桜海老と筍のまぜ麺』

(左)『酸菜白肉麺(サンサイパイローメン)』900円 、(右)『桜海老と筍のまぜ麺』850円

タピオカミルクティーだけじゃない!2020年は台湾グルメが熱い

2019年の「タピオカミルクティー」に続き、“アレンジティー”として様々な飲み方が注目されているお茶市場。そんなお茶市場を牽引してきた「タピオカミルクティー」元祖の春水堂は今熱い台湾グルメをいち早く日本で展開しているブランドです。
この度春限定で発売する『酸菜白肉麺(サンサイパイローメン)』は、台湾で大人気の白菜鍋を日本の春水堂がアレンジした汁麺です。鶏ガラベースの豆乳スープに酢漬けの白菜やしょうゆ漬けの豚肉、たっぷりの野菜から出たうま味が深い味わいです。
また、『桜海老と筍のまぜ麺』は醤油と鰹節に漬けこんだ“春の風物詩”筍と、たっぷりの桜海老が風味豊かな混ぜそばです。春水堂自慢の鶏ガラスープにプラスしたゴマ油や揚げネギが食欲をそそります。
更に、人気が高まる台湾グルメの中でも、台湾の伝統的な朝ごはんとして人気の豆乳スープ『鹹豆漿(シェントウジャン)』を新発売いたします。『鹹豆漿』はお酢で固まった豆乳がふるふるとおぼろ豆腐のような食感です。蒸し鶏、パクチー、揚げパンの3種のトッピング付きで台湾の味が楽しめます。
また、豆乳スープにもちもち麺とザーサイをトッピングした『豆漿搾菜湯麺(トウジャンザーサイタンメン)』、豆乳ベースの担々麺『麻辣豆漿担々麺』など、全て日本春水堂のオリジナルメニューです。この春もこだわりのお茶で淹れた豊富なアレンジティーと台湾フードをお楽しみいただけます。

【商品情報】

鹹豆漿(シェントウジャン)

『鹹豆漿(シェントウジャン)』(トッピング:蒸し鶏、パクチー、揚げパン)


『豆漿搾菜湯麺』と『麻辣豆漿担々麺』

(左)『豆漿搾菜湯麺(トウジャンザーサイタンメン)』(右)『麻辣豆漿担々麺(マーラートウジャンタンタンメン)』

販売開始日:2020年3月2日(月)
価格(税抜):
 ①『酸菜白肉麺(サンサイパイローメン)』900円 
 ②『桜海老と筍のまぜ麺』850円
 ③『鹹豆漿(シェントウジャン)』650円 (トッピング:蒸し鶏、パクチー、揚げパン)
 ④『豆漿搾菜湯麺(トウジャンザーサイタンメン)』850円
 ⑤『麻辣豆漿担々麺(マーラートウジャンタンタンメン)』900円
*①、②は春季限定です
販売店舗:ルミネエスト新宿店を除く全店舗