• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 広尾・魚介料理専門ビストロ『ビストロ シロ.』夏に旬を迎える魚介や野菜を使った「夏のおすすめコース」

広尾・魚介料理専門ビストロ『ビストロ シロ.』夏に旬を迎える魚介や野菜を使った「夏のおすすめコース」

広尾にある魚介料理専門ビストロ『ビストロ シロ.』では、旬の美味しい魚介や野菜を使った「夏のおすすめコース 全10品」を2020年8月17日(月)より期間限定で提供します。

夏のおすすめコース 全10品

夏のおすすめコース 全10品

夏から秋にかけて美味しいハモや、瑞々しい夏野菜たち、そして特製ブイヤベースまで!コース全10品を6,000円(税別)でご提供。今しか味わえない旬食材たちを、是非ご堪能下さい。
コースと合わせてワインを中心としたペアリング(5種 4,000円 / 7種 6,000円 ※いずれも税別)も用意しています。

コースメニューご紹介

2年熟成のメークインと蛤のヴィシソワーズ
2年熟成のメークインと蛤のヴィシソワーズ
まずは、熟成して甘みの増したメークインと蛤の出汁で冷製スープを。乾いたカラダがひんやりと潤います。

北海道産  生ウニとなめらかなゴールドラッシュのムース
北海道産 生ウニとなめらかなゴールドラッシュのムース
ジューシーで爽やかな甘みのあるとうもろこし“ゴールドラッシュ”。生ウニの磯の旨みが、甘みをよりいっそう引き立てます。

神経〆鮮魚のカルパッチョ 青紫蘇とバジルのヴィネグレット
神経〆鮮魚のカルパッチョ 青紫蘇とバジルのヴィネグレット
その日の鮮魚を産地直送で。鮮度良く旨みがしっかりあるのは神経〆のなせる業。シンプルに和洋ハーブのヴィネグレットを合わせて。

神奈川県三浦産  水茄子と白瓜の柚子香るアンチョビマリネ
神奈川県三浦産 水茄子と白瓜の柚子香るアンチョビマリネ
瑞々しくコリコリとした食感。心地よい酸を感じる柚子とアンチョビの旨塩味。仕上げにロックフォールを散らした、お酒がすすむ一皿。

鮑の肝タプナード和え
鮑の肝タプナード和え
コクのある焦がしバターの香りを纏ったと、肝の濃厚なソースを絡めて。ピリリと痺れる2種の山椒をアクセントに。

じっくり低温で火を入れた和歌山県産  鮎のそうめん仕立て
じっくり低温で火を入れた和歌山県産 鮎のそうめん仕立て
中骨までやわらかく火入れしたのコンフィは、胡瓜やトマトの出汁と合わせたそうめん仕立て。また、鮎と言えば辛味・苦味の蓼(たで)。ほろ苦い鮎にはぴったりの隠し味。

梅肉を挟んだ兵庫県淡路産のハモカツ  マディラソース
梅肉を挟んだ兵庫県淡路産のハモカツ マディラソース
ハムカツ?いいえ、ハモカツ。程よいがのった淡路のハモ。揚げてもふんわり、夏を感じさせる。梅の酸味とコクのあるマディラソースが絡み合います。

シロ特製!ブイヤベース
シロ特製!ブイヤベース
『ビストロ シロ.』の定番、特製ブイヤベース!や海老からじっくりと旨みを出した濃厚なスープは滋味深い味わい。

〆のカレーライス
〆のカレーライス
魚介の旨みたっぷりのブイヤベースを、〆ではみんな大好きカレーにアレンジ。ブイヤベースの濃厚なスープと、カレーのスパイスが絶妙なバランス。お腹いっぱいでも、なぜかもう一口食べたくなる…。

白桃のコンポートとキルギスの白蜂蜜アイス
白桃のコンポートとキルギスの白蜂蜜アイス
白ワインでコンポートにした白桃に添えるのは、キルギス産の白蜂蜜のアイス。蜂蜜特有のこっくりした甘さがありながら、すーっと溶けて後に残らないさっぱりとした味わい。お食事の〆にぴったりです。

【店舗詳細】
店名:ビストロ シロ.
住所:〒150-0012 東京都渋谷区広尾3丁目2-13 岡野ビル1F
アクセス:JR・東京メトロ日比谷線 恵比寿駅 徒歩14分 / 東京メトロ日比谷線 広尾駅 徒歩17分
電話番号:03-6427-9200
営業時間:ディナー:17:00~23:00 (L.O.21:30) ※ / ランチ:土日祝のみ 11:30~15:00 (L.O.14:00)
定休日:不定休
席数:30席
※現在、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、東京都の要請に基づき 営業時間を17:00〜22:00(L.O.21:00)に変更しています。