• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 【ザ・キャピトルホテル 東急】世界の巨匠との協働「ギィ・マルタン プロデュース ディナーコース」

【ザ・キャピトルホテル 東急】世界の巨匠との協働「ギィ・マルタン プロデュース ディナーコース」

ザ・キャピトルホテル 東急では、オールデイダイニング「ORIGAMI」にて、名立たるシェフが軒を連ねるフランスのミシュランガイド2つ星“ル・グラン・ヴェフール”のシェフ ギィ・マルタン氏とタイアップし、現地で供される妙味の数々をお届けしております。

ザ・キャピトルホテル 東急「ORIGAMI」

“ル・グラン・ヴェフール”は、かつての常連客にナポレオン・ボナパルトや小説家ヴィクトル・ユーゴーなど著名な政治家や文化人も含まれており、今もなお多くの美食家を魅了し続ける名門レストラン。また、マルタン氏はその類稀な才能で33歳にして同店の料理長へ就任、2005年には愛知万博フランス館迎賓レストランの担当シェフを務めるなど、日本とも非常に所縁の深い人物です。そして、ザ・キャピトルホテル 東急は、2018年よりマルタン氏と3年間の業務提携契約を結んでおり、館内のレストランやペストリーブティックなどで特別メニューを提供。さらにオールデイダイニング「ORIGAMI」料理長 中村直人は6年前から同氏と親交があり、35年以上のキャリアの中にはル・グラン・ヴェフールでの経験も含まれます。

マルタン氏の料理スタイルの特長は野菜を巧みに織り込むこと。それは今回提供するアンコウバターナッツカボチャ料理や、鹿肉と西洋ゴボウ料理など随所に見ることができ、ハーブやスパイスを上品に使用することで味覚と視覚に華を添えた鮮やかさ際立つラインアップとなっています。海外渡航が難しい昨今、少しでも異国の食文化に触れる機会を増やし、多くの方々に非日常を味わっていただけるようにと二人が力を合わせた本フェア。日仏の不易流行を体現し続ける両者が魅せる甘美なコース料理をご堪能ください。

line
オールデイダイニング「ORIGAMI」料理長 中村直人は、マルタン氏との出会いやフランスでの経験をこう話します。「フランス料理に長年携わる者として、現地の食材はもちろん、人や時間の流れを体感することは“起源”に触れることができたようで非常に感慨深いものがありました。また、マルタン氏のキッチンでの存在感は鮮烈で、スタッフの彼に対する尊敬や彼とともにレストランを運営することへのプライドを間近に見た気がします。今回のマルタン氏の料理を通じて、お客さまに現地の食のトレンドや雰囲気を少しでも届けることが出来たら幸いです」

ル・グラン・ヴェフールのチーム

※オールデイダイニング「ORIGAMI」料理長 中村直人とギィ・マルタン氏率いるル・グラン・ヴェフールのチーム


line

◇◆ギィ・マルタン プロデュース ディナーコース 概要◆◇
[販売期間] 2020年11月1日(日)~12月15日(火)/ 2021年1月15日(金)~2月28日(日)
[提供時間] 午後5時~午後9時(L.O.)
[販売価格] お1人さま 10,000円(12,100円)
※ギィ・マルタン氏は来日いたしません
※仕入れの状況によって内容が変更になることもございますので、あらかじめご了承ください
※カッコ内の表示料金にはサービス料10%・消費税10%が含まれております
※写真はイメージです

前菜 スズキのマリネ 生姜、ピンクペッパー風味のセロリとともに

スズキのマリネ 生姜、ピンクペッパー風味のセロリとともに熱いマリネ液を注ぎ、冷やされる過程で絶妙に火を入れるふっくらとしたスズキ。ダイス状の香味野菜が楽しい触感を添え、ピンクペッパーを効かせたクリームチーズが華やかな香りとヴィネガーの酸味に丸みを与えます。

魚料理 アンコウのロティ バターナッツカボチャのピュレ

アンコウのロティ バターナッツカボチャのピュレガラムマサラや生姜などを加えた蜂蜜をアンコウに塗り、身の弾力を残しながらもふわっとした触感にロースト。バターナッツカボチャのピュレと青林檎などのファルシとともに食せば、エキゾチックな味わいが口一杯に広がります。