次世代漬け物「10% I am(テンパーセントアイアム)」

“次世代漬け物”をキャッチフレーズとした発酵加工食品ブランド「10% I am」(テンパーセントアイアム)が、6月29日(土)渋谷ヒカリエ8階・d47 MUSEUMにて開催中の展覧会「Fermentation Tourism Nippon ~発酵から再発見する日本の旅~」展の関連イベントで公開され、販売を開始しました。

●漬け物=漬けて美味しくする物
「10% I am」は「漬け物」の持つ「箸休め」というイメージを見直し“発酵するサラダ”として、新しい提案を。また、添加物によって味を作るのではなく、発酵(有機物の酵素分解)を味に転換する誠実な商品作りを行っています。

例えば、キムチに使う魚醤は、を1年間塩漬けにし、1日かけて炊き、1日かけて濾すという手間をかけています。

コチュジャンの柔らかい甘味は、練った米粉に麦芽を合わせて分解を進め、さらに米麹を加えて作った「米あめ」を使っています。

「漬け物の米油漬け へしことエリンギと唐辛子」の「ヘしこ」とは北陸地域で作られている鯖のぬか漬けです。「へしこのぬか」には鯖の旨味がふんだんに含まれているため、商品の中にもぬかをわせています。等々、発酵による味づくりにこだわっています。

●10% I amってどういう意味?
私たちは自身の体がまるで菌の惑星のような存在であり、その菌の活動によって生かされているそうです。私が私である部分は実はほんの僅かなのかもしれません。「体に良い菌と共生する」イメージがブランド名になっているそうです。