• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 【2020新商品・郷土鍋】ふるさとの魅力再発見!2020年冬限定の新作鍋メニューから看板鍋メニューまで

【2020新商品・郷土鍋】ふるさとの魅力再発見!2020年冬限定の新作鍋メニューから看板鍋メニューまで

土佐料理専門店「わらやき屋」ブランド各店舗では、2020年~2021年冬季限定の新作メニュー「土佐鍋」メニューをご提供いたします。その他、下記運営店舗の郷土鍋をご紹介いたします。

土佐鰤と玉九絵の極み出汁鍋

土佐鰤と玉九絵の極み出汁鍋<2020年冬新商品>
高知県宿毛湾で育ったブリと馬路村のゆずポン酢でいただく土佐鍋
土佐鰤と玉九絵の極み出汁鍋
高知県宿毛湾で育ったブリと玉九絵を鰹出汁でお召し上がりいただく、魚介の旨味たっぷりの「わらやき屋」特製鍋です。
高知県宿毛で育てられた「荒木さんの」は、がしっかり乗りながらも臭みが少なく、旨味が際立つ絶品ブリ。
高知県馬路村のゆずポン酢とともにお召し上がり下さい。
玉九絵と土佐鰤のお造りも別途ご用意しておりますので、しゃぶしゃぶとしてもお召し上がりいただけます。

■土佐鰤と玉九絵の極み出汁鍋 1人前 1,980円
※料理のご提供は12月31日までとなります。
※ご注文は2人前より承ります。
※価格は税抜表記です。

「わらやき屋」とは…
1m以上もの豪快な炎を上げて食材を焼き上げる「藁焼き」。
地元ならではのこの調理法・藁焼きは一気に高温で焼き上げるので旨味が凝縮、また表面にはわらの香ばしい香りが付き、素材の旨味を味わえます。
高知といえば言わずと知れた「のたたき」を藁焼きでお召し上がりいただく「かつをの塩たたき」は「わらやき屋」の絶対的看板メニュー。室戸の塩・わさびにんにくでお召し上がり下さい。
鰹以外にもさまざまな食材の藁焼きをはじめ、他、土佐が生んだ様々な名産物を地元ならではの調理法でご提供いたします。

藁焼きかつをの塩たたき

<「わらやき屋」店舗一覧>
https://www.dd-holdings.jp/brands/warayakiya/
※北新地店、名古屋店、仙台店は提供しておりません。

秋田定番の家庭の味「だまこ汁」/ハタハタの魚醤使用「しょっつる鍋」

秋田郷土料理店「ハタハタ屋敷」が提供する秋田を代表する鍋料理
秋田定番の家庭の味「だまこ汁」/ハタハタの魚醤使用「しょっつる鍋」

だまこ汁■だまこ汁 1人前1,280円
秋田の家庭でよく食べられている人気のお鍋。それが、だまこもちの入った「だまこ鍋(だまこ汁)」です。
だまことは、きりたんぽの元祖と言われ、お米をすりつぶして丸くお団子状にしたもの。
だまこは、の形がうっすら残っており、スープを吸って柔らかいため、モチモチした食感と比内地鶏の上質なスープがたっぷりしみ込み、至福の味わいをお楽しみいただけます。

男鹿の定番 しょっつる鍋■男鹿の定番 しょっつる鍋 1人前 1,150円
しょっつる」は日本三大魚醤の一つに数えられており、ハタハタなどのを加えて熟成させた薄い琥珀色をした伝統的な調味料です。
魚醤の中でも特に「ハタハタしょっつる」は旨味成分のグルタミン酸や甘味成分のアラニンなどが多く含まれており、その天然の旨み成分による芳醇な味と香りが特徴です。
ハタハタしょっつる出汁でハタハタを丸ごとシンプルに味わえる究極の郷土鍋が「しょっつる鍋」です。

※ご注文は2人前より承ります。
※価格は税抜表記です。

「ハタハタ屋敷」とは…
ハタハタは秋田の郷土料理に欠かすことのできない伝統食材。
漁の時期になると雌の多くは「ぶりこ」と呼ばれる卵をお腹に抱えていて、噛むと「ブリッブリッ」と小気味良い音が一度味わったら忘れられない食感です。秋田では小さいころからの家庭料理で『ぶりこ無くして秋田の子なし』と言われるほど馴染みの魚です。
このハタハタ料理をはじめ、「だまこ汁」「しょっつる鍋」などの秋田郷土料理、「稲庭うどん」や「じゅんさい」などの秋田名産食材を使った料理をご提供いたします。美酒王国秋田の日本酒とともにご堪能下さい。

ハタハタ

■ハタハタ屋敷 有楽町店
https://www.dd-holdings.jp/shops/hatahata/yurakucho#/
東京都中央区銀座西2-2 銀座インズ2 B1 03-3535-5253