• HOME
  • グルメ
  • “パフェみたいな海鮮丼”がお出迎え! 『米と魚 酒造 米家ル』高田馬場店

“パフェみたいな海鮮丼”がお出迎え! 『米と魚 酒造 米家ル』高田馬場店

米とにこだわる『米と魚 酒造 米家ル 高田馬場店』が、2019年9月30日までの期間限定で「パフェみたいな生本マグロ丼」、「雲丹ソースで味わう鯛丼」、「アボカドソースと生サーモン丼」の提供を開始しました。

昨年好評の「パフェみたいな生本マグロ丼」はマグロの量を増やし、より贅沢にリニューアル。
更にマグロ以外にも、米家ル自慢の海鮮を楽しんで頂きたい!という思いから、「雲丹ソースで味わう鯛丼」、「アボカドソースと生サーモン丼」を新たにスタート。
味へのこだわりはもちろん、見て楽しんでいただけるよう、カラフルなパフェに見立て、夏にぴったりの清涼感あふれる丼ぶりに仕上がっています。
陸前高田市オリジナルブランド米「たかたのゆめ」を炊き上げたご飯に、ミョウガ、大葉がアクセントの酢飯でさっぱりと召し上がれます。
ご飯の量は大盛り可能なので、可愛らしい見た目に反して、食べ応えも満足な一品です。

◇ 雲丹ソースで味わう鯛丼 1,680円(税抜)

【鯛の旨味と贅沢な雲丹ソース】
豊洲で仕入れた鯛と、雲丹ソースの贅沢な味わいが一度に楽しめる一品です。
透き通った白身に凝縮された旨味を、濃厚な雲丹ソースが引き立てます。
新鮮な鯛の歯ごたえに加え、いくら、海藻ビーズの食感が楽しめる仕上がりになっています。

◇ アボカドソースと生サーモン丼 1,680円(税抜)

【 とろける生サーモンの食感を 】
鮮やかなオレンジ色の身にまったりとしたアボカドソースを絡めています。
生サーモンのとろける舌触りにわさびマヨネーズのツンとした辛味の相性が抜群です。
そのままで十分お楽しみ頂けますが、九州産の甘口醤油を少し垂らせば、さらに深い味わいになります。