• HOME
  • 記事
  • トピックス
  • 食材を活用して食品ロスの発生を抑えた 口福(こうふく)を呼ぶ 天壇特製 恵方巻を販売

食材を活用して食品ロスの発生を抑えた 口福(こうふく)を呼ぶ 天壇特製 恵方巻を販売

「焼肉の名門 天壇」は、1965年に京都祇園で創業して以来、『お出汁のようなつけたれで食べる焼肉』をご提供しております。この度、天壇グループでは節分の日に向けて2月2日(日)・3日(月)の2日間、天壇特製『恵方巻』を販売致します。
口福を呼ぶ 天壇特製 恵方巻

■天壇の恵方巻は食品ロスの発生を抑えつつ、当日注文にも対応
恵方巻は節分の時期にその年の恵方を向き、願いを込めて無言で食べると無病息災や商売繁盛をもたらし、縁起が良いとされる太巻きです。この食習慣は関西を中心とした古くからある風習のひとつで、現在では、全国的に定着しつつあります。
近年、恵方巻の「食品ロス」が社会問題となっておりますが、天壇では2017年の発売当初より受注生産を採用してまいりました。具材の大半は通常営業時に使用している食材を使い、廃棄を出さないようお作りしています。また、原則ご予約にて承るテイクアウト販売のみならず、店内ご飲食時にもご提供しています。

■七福神にちなみ7種の具材
【天壇特製焼肉、もやしナムル、ほうれん草ナムル、厚焼玉子、味付椎茸、人参、胡瓜】の7種を具材として使用しております。
お肉は天壇秘伝のたれをまぶし焼き上げており、7種の具材を包むご飯はごま油と塩で味付けし、焼海苔で巻いています。そのため韓国海苔の風味は残しつつ、丸かぶりをする際に手が汚れません。
また、7種の具材の味を楽しめるので満足感がありながら、食べやすい太さに仕上げておりますので、女性の方やお子様でも気軽に召し上がっていただける恵方巻です。
毎年ご好評いただいている天壇特製の恵方巻をぜひ一度ご賞味下さい。
七福にちなんだ七種類の具材

<天壇特製『恵方巻』販売詳細>
■販売期間:2020年2月2日(日)・3日(月)
■販売価格:880円(税込)
※各日数量限定販売
※ご予約販売も承ります(ご予約は1月11日(土)より開始)
※テイクアウトのみの販売も承ります。
※恵方巻の価格は「店内飲食」・「テイクアウト」ともに統一しております。
天壇特製 恵方巻

■販売店舗一覧
「焼肉の名門 天壇」 8店舗
京都:祇園本店・西院店・桂五条店 The Dining山科店・北山店
滋賀:草津店
東京:銀座店・赤坂店

「焼肉 TENDAN ニュースタイルビュッフェ」 2店舗
京都 竹田店・宇治小倉店

■焼肉の名門 天壇のご紹介
創業:1965年1月
特徴:創業地は京都 祇園。京都は1人あたりの牛肉消費量が日本一になる年もあるほど(※1)牛肉大好きな街。食肉文化の発展しているそんな京都で、天壇は長らく認知度の高い地元の焼肉レストランとしてご愛顧いただいてまいりました。その理由は上質な牛肉と秘伝のたれ。
黄金色に透き通った天壇秘伝の「つけたれ」は、牛骨スープをベースとしたお出汁のような味わい。
さっぱりしていてコクがあり、肉の旨みを引き立たせてくれます。京都では「洗いだれ」と呼ばれるたれを提供する焼肉店が多いですが、天壇はその京都独自の焼肉文化を守り続けた店として、創業以来変わらぬ味を提供し続けています。
※1 総務省統計局 家計調査(平成27年(2015年)~29年(2017年)平均)より

■店舗一覧 天壇グループ全10店舗 http://www.tendan.co.jp/
1)「焼肉の名門 天壇」 8店舗
京都:祇園本店・西院店・桂五条店・The Dining山科店・北山店
滋賀:草津店
東京:銀座店・赤坂店

2)「焼肉 TENDAN ニュースタイルビュッフェ」 2店舗
京都:竹田店・宇治小倉店