• HOME
  • グルメ
  • 夏だからこそ牡蠣!!カラダも喜ぶ牡蠣と肉のマリアージュ「牡蠣と肉フェス」

夏だからこそ牡蠣!!カラダも喜ぶ牡蠣と肉のマリアージュ「牡蠣と肉フェス」

「ガンボ&オイスターバー」など全国に26店舗のオイスターバーを展開する日本最大級※のオイスターバーチェーンである株式会社ゼネラル・オイスターは、2019年7月16日(火)~8月18日(日)まで、カラダも心も元気に夏を乗り切る牡蠣と肉のマリアージュメニューをご提供する「牡蠣と肉フェス」を開催。
※ 富士経済「外食産業マーケティング便覧2016」より

牡蠣…それぞれ極上の美味しさだけど、一緒になるともっと美味しい!
さらに、夏に嬉しいキレイと元気を届ける組み合わせ!!

「牡蠣と肉フェス」では、牡蠣のクリーミーさとミネラル感に肉の旨みと脂分がとけあい、夢のようなマリアージュを奏でる贅沢メニューを取り揃えます。
味わいだけではありません。牡蠣には夏を健やかに乗り切るための栄養素、そしてダメージを受けた肌や髪にも嬉しい成分が豊富に含まれています。

<牡蠣は食品随一の亜鉛含有量>
特に亜鉛の含有量は食品随一。亜鉛は細胞の新陳代謝を促進して、新しい細胞を作るために役立ちます。コラーゲンの合成に役立ち、皮膚や髪を健やかに保つ働きがあります。
<グリコーゲンや鉄>
グリコーゲンは、肝臓の機能を高め、筋肉や脳の働きを活発にして疲労回復につながります。
貧血予防、冷え対策に役立つも多く含まれます。夏は汗をよくかき、体内の鉄分が失われやすくなります。
<タウリンも豊富>
スタミナ増強、疲労回復につながるタウリンも豊富に含まれており、夏を乗り切るのにぴったりの食材です。
<牛肉で筋肉量を維持>
牛肉に含まれるたんぱく質は、筋肉、内臓、爪、髪、骨などの構成成分となります。適量のたんぱく質を摂ることは、筋肉量を維持し、リバウンドしにくいダイエットにもつながります。
タンパク質はアミノ酸で構成されていますが、食材によってその構成は異なります。異なるアミノ酸の牡蠣と牛肉を一緒に食べることで、アミノ酸の利用効率があがり効率よくたんぱく質を摂ることができるのです。
※監修:一般社団法人 NS Labo

また、この時期は岩牡蠣(ロックオイスター)も旬。その濃厚な味から「海のチーズ」と呼ばれる岩牡蠣も、夏にぴったりの元気の出るメニューとしてご用意。

■牡蠣のマリネと牛肉のタルタル 焼きとうもろこしのソース

オリーブオイルでマリネした牡蠣に、ローストした牛肉をさいの目に切って合わせました。牡蠣と牛のそれぞれの旨味に、香ばしい焼きとうもろこしの甘み、玉ねぎの酸味が一体となり絡み合います。隠し味は牡蠣醤油。食感も楽しい一品です。

■ガーリックロックオイスターステーキ
ミルキーでなめらかな岩牡蠣を、絶妙な火入れでふっくら焼き上げたオイスターステーキ。パンチの効いたガーリック風味が岩牡蠣の濃厚さを引き立てる、暑さを吹き飛ばす元気の出る一皿。