農家直送ブランド発!最大級 特大塊肉が楽しめるレトルトカレー「三右衛門カレー」新発売!

株式会社山西牧場は自社の豚肉に「三右衛門」という名前を冠して、直接お客様に魅力、こだわり、想いを伝えるためのブランドを新たに立ち上げました。新ブランドでの6次産業化プロジェクト第一弾として、特大の塊肉150gを贅沢に使ったレトルトカレー「三右衛門カレー」を新発売致します。
三右衛門カレー
◯「三右衛門カレー」の詳細
2019年3月に、クラウドファンディング「CAMPFIRE」にて総支援者350名、総支援額360万円を超える支援が集まり開発がスタート。
サラッとしていて甘みのあるが特徴の自社生産豚の肩ロース肉を150gの塊肉として切り出し。「レトルトカレーは具が少ない」というイメージを覆す、存在感のある仕上がりになっています。
塊肉はただ大きいだけでなく、じっくりと火を入れ、カレーと合わせることによりスプーンで切れるほどの柔らかさを実現。
カレーは豚肉の力強さを際立たせ、さっぱりと食べきれるように、スパイスがしっかりと香るスープカレータイプを採用しました。
さらりとしたこだわりの豚肉はファンから「飲める脂」とも評されており、塊肉を食べても重さやしつこさが残らないのが特徴です。
三右衛門カレーと豚肩ロース

販売価格:4袋入10,000円(税別)/2袋入 5,000円(税別) ※直販のみでの取扱い。初回予約受付。
内容量:300g(うち肩ロース塊肉150g)
販売開始日:2019/11/24
販売サイト:https://www.yamanishifarm.net

<三右衛門カレー動画>

◯生産者プロフィール
山西牧場 代表取締役 倉持信宏
茨城県で養豚業を営む農家3代目。大学卒業後、生ハムや食文化を学ぶためスペインに1年留学し、帰国後ハム工房での研修を経て現職。
先代からの精肉販売に加えてハムやベーコン、ウインナーやフランクフルトなどの加工品の企画又は製作・販売に取り組んできました。
山西牧場 倉持信宏

山西牧場としては
-東京食肉市場の豚枝肉共励会でも3年連続入賞経歴
-農場HACCP認証という飼養衛生管理の認証規格
-茨城県産新ブランド豚「常陸の輝き」の生産
など肉質評価だけではなく生産の安全性、地域ブランド造成についても高い評価を獲得しています。