JR博多シティ10階に『レカイエ オイスターバー』がオープン

2019年7月26日(金)に博多駅駅ビル「JR博多シティ」10階に、日本最大級のオイスターバーチェーンである株式会社ゼネラル・オイスターの「レカイエ オイスターバー」がニューオープンします。

【レカイエ オイスターバー】とは
“レカイエ”とは、フランス語で牡蠣剥き職人という意味です。
コンセプトは「お客様の目の前で牡蠣を剥くライブ感と活気のあるオイスターバー」。
店内も牡蠣をモチーフにした照明などを使い、SNSなどにアップしたくなるような楽しい雰囲気に。
また、メニューは牡蠣はもちろんのこと、鮮度の良い地場の鮮魚や野菜などをふんだんに使用。
“本日のおすすめ”など、日替わりの鮮魚をつかったカルパッチョなども提供予定になっています。

■レカイエプレート 1,900円(税別)
「漬け牡蠣 すだち添え」「漬け牡蠣炙り 紅芯大根おろし添え」「レカイエ特製~胡麻牡蠣~」と旬の生牡蠣1ピースの盛り合わせ

「漬け牡蠣 すだち添え」は生牡蠣を昆布〆し、牡蠣醤油にさっと漬け込んであります。すだちのさわやかな酸味と香りがよく合います。
「漬け牡蠣炙り 紅芯大根おろし添え」は生牡蠣を昆布〆し、牡蠣醤油にさっと漬け込み炙ってあります。鮮やかな赤色の大根おろしでさっぱりと召し上がれます。
「レカイエ特製~胡麻牡蠣~」は福岡名物「ごまさば」を牡蠣にアレンジした「ごま牡蠣」。牡蠣醤油とすりごまに漬け込みます。甘辛な牡蠣は一度食べたらやみつきに。

■〆の胡麻牡蠣飯 1,290円(税別)

福岡名物「ごまさば」を牡蠣にアレンジした「ごま牡蠣」を、牡蠣出汁で炊いたごはんにたっぷりのせた一品。
まずはそのまま、最後は牡蠣の旨みが染み出した牡蠣出汁をたっぷりとかけて、お茶漬け風にしてもおいしい。