あんこ検定合格者が1か月半で3500名超え!累計5000名突破

日本あんこ協会(東京都豊島区:にしいあんこ会長)は、同協会が実施する『あんこ検定』の合格者が2020年6月16日(火)に5000名を突破したことを発表いたしました。

あんバサダー5000名突破の画像

あんこ検定とは

日本あんこ協会では2018年10月より、あんこの愛好家としてあんこの基礎知識を問う選択問題形式による試験を実施しております。同検定には、あんこ女子検定とあんこ男子検定の2種類があります。受験者はいずれか一方に合格することで、協会認定あんこ女子、あんこ男子として認められ、『あんバサダー』という称号のもと、広くあんこ普及活動をすることができます。

なぜ合格者が急増したのか?

2020年4月末日時点では、あんこ検定合格者数は1500名でした。あんこ検定は2018年10月に開始以降、1か月あたりの合格者数は、平均80名程度でした。しかしながら、今年5月からわずか1か月半のうちに新たに3500名ものあんこファンがあんこ検定に合格し、自他ともに認めるあんこ好きであることの社会的証明として、あんバサダーと成られました。日本あんこ協会員数はこれで5000名を超えました。この1か月半の間に、従来の約30倍のスピードで合格者が出たことになります。
合格者の急増の理由には、さまざまな要因が考えられますが、最も大きな要因のひとつに、新型コロナウイルス感染拡大防止に伴うステイホーム期間があげられると考えます。弊協会では、ステイホーム期間中に、これまで一部の協会員だけで共有してきた「目から鱗のあんこ術~今すぐ試したくなる105通りのアンレジレシピ」という、あんこの新しい愉しみ方を提案するPDFレシピブックを広く一般に無料公開しました。公開の理由は、ステイホーム期間中であっても、より多くの方々に、あんこを通じて笑顔のある生活を送ってほしいという願いを込めてのことでした。「あんこを通じて世界平和を実現する」という理念を掲げる弊協会が、コロナ禍において何ができるのかを真剣に考えた結果、当レシピブックを公開することが社会の餡心に貢献し、ひいては世界平和実現の一助になると考えました。これをきっかけに、より多くの方々に弊協会の活動を知って頂き、共感頂けたのだと考えております。なお、レシピブックは5月末日までの期間限定公開のため、現在は公開しておりません。

目から鱗のあんこ術の画像

合格者にはどんな良いことがあるのか?

あんこ検定に合格すると、日本あんこ協会員『あんバサダー』として、あんこ普及活動をすることができます。合格者は日本あんこ協会員ですから、周囲からはもちろん、正真正銘のあんこ好きであると認められます。つまり、『あんバサダー』になるということは、これまで何らかの理由で「実は私、あんこが好きなんです!」と公言できなかった隠れあんこファンにとって、自信を持って社会に“カミングあんこ”できるきっかけとなるのです。

日本あんこ協会とは

名称:日本あんこ協会
会長:にしいあんこ
ミッション:あんこを通じて世界平和を実現します。
事務局:東京都豊島区南池袋1丁目16-15 ダイヤゲート池袋5F(Rally Inc.内)
設立:2018年10月1日
WEB:http://anko.love/

日本あんこ協会は、あんこを通じて世界平和を実現します。人は自分自身に向けられた無条件かつ無限の愛を感じることができた時、何にでも挑戦でき、どこにでも行ける餡心を得ることができます。人には、生みの親、育ての親、両親や家族、おじいちゃん、おばあちゃんなど、それぞれに愛をもって育まれ、今なお応援してくれる存在が必ずいるものです。そして同時に挑戦する人々にとって、そのような応援者は「餡心して帰ることの出来る場所」そのものでもあります。日本あんこ協会は、このような存在の象徴としてあんこを掲げ、あんこを通して、皆が餡心できる社会の実現を目指します。これから何が起こるかわからない人生においても、いつでも人々が餡心していられることで笑顔が生まれ、きっと大丈夫だと思えることで未来に希望がもてます。世界中の人たちがそんな気持ちでいられる状態こそ、世界平和そのものだと私たちは考えます。