美容と健康に「必須脂肪酸」どう取り入れる?

美容と健康を両立させアンチエイジングしていきたいと願うのなら、必須脂肪酸の摂取は必須です。
体内合成のできない成分であるため、食事から積極的に摂取していくことが必須となります。(美容にも健康にも欠かせない「必須脂肪酸」参照)
必須脂肪酸の種類は2種類で、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸があります。
どちらも無くてはならないものではあるのですが、そのバランスや摂取の仕方も効率的に摂っていくためには重要です。
まずはそれぞれの成分などを詳しく見ていきましょう。

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸とは?

オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の成分の違いとは?

必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸と、オメガ6脂肪酸。それぞれの違いを理解して、上手に摂っていくのも美容と健康への近道です。
オメガ6脂肪酸はリノール酸と呼ばれる成分が含まれており、大豆油やコーン油、ごま油といった植物油に豊富に含まれています。
(ちなみにサラダ油は、オメガ6系の植物油を精製したもの。)
対してオメガ3脂肪酸はイワシサバ、サンマなど青背の魚のに多いドコサヘキサエン酸(DHA)とエイコサペンタエン酸(EPA)。
近年よくメディアでも取り上げられる、エゴマ油やアマニ油などに豊富なα(アルファ)リノレン酸もあります。
(エゴマ油はシソ科の一年草エゴマの種子、アマニ油は亜麻という植物の種子が原料。)

DHAとEPA

摂取するのにあたっての注意点とは?

健康維持・美容のためにも重要な必須脂肪酸、摂取するにあたって注意点があります。
意識すべきはオメガ6脂肪酸と、オメガ3脂肪酸のバランスです。
両者は、体内で一方が増えると他方の作用が抑えられるという関係にあります。
どちらも必要ではあるのですが、このバランスの乱れが生活習慣病のリスクにつながっているのです。
現代人はオメガ3脂肪酸対オメガ6脂肪酸のバランスが崩れがちで、本来、オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の理想比率は1:2なのですが、欧米食中心の食事への変化により、1:10へ変化しているといわれています。
では、この比率バランスを正常に保つためには、そのような点に気をつけるべきなのでしょうか?

オメガ3脂肪酸を取る

必須脂肪酸、バランスよく摂って体内美容を叶えよう

体内美容を叶えるためにも・体内バランスを維持するためにも、正常なバランスになるように毎日の生活の中でスプーン1杯のオメガ3脂肪酸を取ることが大切です。
現代の日本の食生活では、食生活の欧米化によってオメガ6脂肪酸を多く摂取してしまう傾向にあります。
したがってオメガ3脂肪酸が不足しがちに…。手軽に摂取するのであれば、アマニ油やエゴマ油を摂ることがおすすめです。
ただし光と熱に弱いという特徴があるため、揚げ物や炒め物など加熱調理には向きません。
ドレッシングとしてサラダにかけたり、スープに食べる直前にかけて食べるのがおすすめです。
そのほか、オメガ3脂肪酸を含むものにはナッツ青魚など気軽に取り入れられるものがありますので、ご自身の生活スタイルに合わせて選んでみてください。
また、油は開封すると酸化が始まるため、保管する際は冷蔵庫などの冷暗所で1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。