• HOME
  • 記事
  • トピックス
  • タピオカミルクティーで注目の台湾グルメを解説!第二次台湾グルメブームが最高潮 2020年に来る“ネクスト台湾”

タピオカミルクティーで注目の台湾グルメを解説!第二次台湾グルメブームが最高潮 2020年に来る“ネクスト台湾”

豆花
「ホットペッパーグルメ外食総研」有木 真理が読み解く! 台湾グルメブームは第三次へ移行?
台湾グルメは今、第二次ブームのピークです。第一次はバブル崩壊後の1995年頃、小皿料理をいろいろ楽しめるスタイルがブームとなりました。そして今、渡航先として人気の台湾でブームのタピオカミルクティーが日本でもブームになり、スイーツ中心の第二次ブームとなりました。海外グルメには「本場の味を楽しめること」が求められています。今後は台湾流の“食のスタイル”が楽しめる店舗が増え、このまま第三次台湾グルメブームへと移行すると見ています。
有木 真理
「ホットペッパーグルメ外食総研」
上席研究員・有木 真理

■海外グルメに求めること トップ5
(n=1,032、複数回答) ※「特になし」を除く

順位 求めること
1 本場の味を楽しめること 59.7
2 食欲をそそるようなみずみずしさがあること 36.5
3 食べた後の満腹感・腹持ちの良さ 31.3
4 素材へのこだわり 23.0
5 ヘルシーなこと 13.4

【台湾グルメブームの変遷】
第一次(1995年頃)
 特徴:小皿料理
 代表例:腸詰、大根餅、ビーフン

第二次(2015年前後~)
 特徴:スイーツ中心
 代表例:マンゴーかき氷、タピオカミルクティー

第三次(2020年~)
 特徴:食のスタイル
 代表例:朝の外食、屋台ホッピング、台湾発モダン料理

■台湾グルメのイメージ トップ5
(n=1,032、複数回答)

順位 イメージ
1 価格が安い 47.5
2 おいしい 38.2
3 特に印象はない 25.3
4 なじみやすい 16.0
5 ヘルシー 13.6

■台湾スイーツのイメージ トップ5
(n=1,032、複数回答)

順位 イメージ
1 おいしい 33.1
2 価格が安い 29.9
3 写真映えする 27.6
4 特に印象はない 27.4
5 おしゃれ 23.4
【注目の記事】