20~50代女性500名を対象とした「コラーゲン」に関する調査結果

資生堂ジャパン株式会社は、20~50代女性500名を対象に「コラーゲン」に関する調査を実施しました。
<調査概要>
・調査内容:「コラーゲン」に関する調査
・調査期間:2019年5月22日~23日
・調査対象:20~50代女性500名(年代均等割付)
・調査方法:インターネット調査

【調査結果】女性たちの「コラーゲンに関する知識」をチェック!

◆女性が「美容によいと思う成分」、1位はコラーゲン!
まず、女性たちに美容関連の成分を選択肢として提示し、「次のうち、あなたが美容によいと思う成分を、全てお選びください」と質問したところ、8割(80%)の女性が「コラーゲン」と回答。「ヒアルロン酸」(79%)、「ビタミンC」(71%)などを上回り、最も多い結果となりました。<グラフ1>
また、「コラーゲンが美肌に欠かせない成分であることを知っていましたか?」という質問でも、83%が「知っていた」と答えており、コラーゲンが美容において重要な成分であることは、ほとんどの女性が知っている事実と言えそうです。

◆鶏皮、豚足、フカヒレ…食べ物でコラーゲンを補おうとする女性たち
さらに、「あなたはコラーゲンに興味・関心がありますか?」と聞くと、84%が「興味がある」と回答。また、約3人に1人(30%)の女性が「普段の生活で、意識的にコラーゲンをとったり、コラーゲン入りの商品を使ったりしている」と答えたほか、「あまりとってはいないが、とりたい・使いたいと思っている」人も55%と半数を超えました。
合計すると、約9割が普段の生活でコラーゲンを積極的にとり入れたい意向を持っていることになります。
中でも、「コラーゲン入り・コラーゲン豊富と書かれた食品・飲料を口にしたことがある」と答えた女性は全体の71%にのぼっており、食べ物や飲み物でコラーゲンを補いたいと考える女性は少なくないようです。<グラフ2>
なお、「コラーゲンが豊富に含まれているイメージがある食材」としては、「鶏皮」(61%)、「豚足」(60%)、「フカヒレ」(57%)、「スッポン」(56%)、「鶏の手羽先」(36%)などが上位となりました。

◆コラーゲンってそもそも何? 食事からとるとよい? 女性たちの知識力をチェック!
それでは、女性たちはコラーゲンに対してどの程度正しい知識を持ち合わせているのでしょうか。次の項目について、「〇:ホントだと思う」か、「×:ウソだと思う」かを選んでいただいたところ、次のような結果になりました。

■コラーゲンは全身に存在するタンパク質である
〇:20% ×:80%
⇒コラーゲンはタンパク質の一種であり全身に存在するため、答えは「〇(ホント)」です。女性たちの8割は、コラーゲンがタンパク質であることを認識していなかったことになります。

■コラーゲンは食事からとると効率的に吸収される
〇:21% ×:79%
⇒コラーゲンは、食事から摂取すると他のたんぱく質と同様に体内でアミノ酸などの低分子に分解されるため、効率的に摂取されるとは言えないので「×(ウソ)」です。正解を選んだ方も多くいましたが、約5人に1人(21%)は誤解を抱いているようです。

■コラーゲンは体内で作り出せないため、外から補う必要がある
〇:25% ×:75%
⇒コラーゲンはもともと体内に存在する成分であり、体の中で新しく生み出すことができます。そのため回答は「×(ウソ)」です。こちらも、4人に1人(25%)が誤った認識を持っていることになります。

こうした背景をふまえ、あらためて「あなたはコラーゲンに関する正しい知識を持っている自信がありますか?」と聞いたところ、「ある」と答えた人はわずか4%にとどまりました。<グラフ3>

コラーゲンに興味・関心を寄せる女性は多い一方で、その知識に自信を持っている人は極めて少ないことがわかります。