• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 現地でも希少なめじかの新子、四万十川の鮎など高知が満載の「#東京で高知 フェア」わらやき屋で開催!

現地でも希少なめじかの新子、四万十川の鮎など高知が満載の「#東京で高知 フェア」わらやき屋で開催!

土佐料理専門店『わらやき屋』東京都内16店舗では、「#東京で高知 フェア」と銘打ち、2020年8月17日(月)から9月30日(水)まで期間限定メニューを展開します。

#東京で高知 フェア

#東京で高知 フェア

現地でほとんど消費され、他地方には出回ることが少ない「めじかの新子」をはじめとして、高知が誇る美味食材や、年月をかけて育まれきた食文化「土佐料理」の数々を東京にお届け。

めじかの新子

大好きな高知に帰れない…ずっと行きたいと思っていたけど旅行できなくなった…
あらゆる高知への憧憬を、東京都内16店舗のわらやき屋ブランドが受け止めます。店内を満たす陽気な“よさこい”の調べが、この災禍を少しでも鎮められるよう祈りながら…!

お品書き

めじかの新子 時価

”めじかの新子” 生後1年未満のソウダガツオ(宗田鰹)の子どもをこう呼びます。”釣った日に食べろ”と言われるほど、鮮度が落ちやすく、獲れる時期も8月中旬から9月中旬とごく短いため、水揚げされる漁港に近い街にしかほとんど出回りません。高知県須崎市では、この時期に「新子まつり」が開催されるほど愛される“幻の夏の味覚”。その幻の魚を限定入荷いたします。
めじかの新子魅力は何と言ってもモチモチとした身の食感。高知では“酢みかんの王様”とも呼ばれる柑橘類「ぶしゅかん」の実を絞り、その皮も擦り入れた爽やかな風味の醤油との相性の良さは、確かに毎年食べたくなってしまう美味しさ。天候等により、入荷が無いこともあり、価格も変動します。事前に店舗へ電話でお問い合わせ、もしくは公式SNSで発信する情報にて、入荷状況をお確かめください。

四万十鮎~塩焼き~ 一尾580円

四万十鮎の塩焼き“最後の清流”と呼ばれる四万十川。そこで育った栄養豊富な苔を食べて育った四万十川のは、数多くの鮎の産地の中でも特に人気。皮はパリッと、身はふっくらと焼き上げられた鮎に、さっと柑橘類を搾ると塩の風味と相まってまた美味。キリッと辛い土佐の日本酒のお供にするには、最高の逸品です。

高知県産米なす~マーラー焼~ 780円

高知県産米なすのマーラー焼実は高知県はなすの名産地でもあり、出荷量も日本一。実がしっかりと詰まってどっしりと重みのある米なすは、との相性も良く食べごたえも充分なご馳走に変身します。今回は夏にぴったりのピリ辛の麻辣ソースで仕上げました。ソースには藁焼きかつをが隠し味に。ほのかな藁焼きの香りもまた味の一つとなります。

わら焼き五種盛り 3,280円

わら焼き五種盛り折々に催される宴の場で供されてきた土佐伝統料理が「皿鉢(さわち)。高知の山海の幸を大皿に盛り合わせ、宴に集う客人たちにふるまいもてなす料理で、その料理法や盛り合わせ方に厳格な決まりはなく、おおらかな土佐の地そのものの料理形式です。