<腸活ブーム>でTVでも話題! 甘酒がベースの新発酵飲料『はだ恵り』

国産オーガニックスキンケア会社「ネオナチュラル」が扱う米糀甘酒がベースの新発酵飲料『はだ恵(めぐ)り』が、2月14日(金)、岐阜県の清酒製造技術を活かし開発した特産品として、農林水産省および経済産業省から「地域産業資源活用事業」に認定されました。
TVでも話題の腸活ブームが続く中、全国の女性の美容と健康をサポートする発酵飲料として、さらに販路を広げていきます。
美容発酵飲料『はだ恵り』

■腸活・美活ブームで注目の【腸内フローラ】に着目
『はだ恵り』は、日本の伝統発酵飲料「甘酒」、西洋の美容や健康を支える「ハーブ」、さらに身体の健康維持に欠かせない「酵素」の3つを中心にして、現代人の美容と健康をサポートするために開発した、全く新しい発酵飲料です。

着目したのは、体だけでなく心のすこやかさにまで関わる「腸内フローラ」。3段階の発酵や、異なる種類の酵素の添加といった独自製法を駆使し、腸内細菌のエサとなるオリゴ糖の含有量を市販の甘酒の8倍以上まで高めました。さらに、小腸のエネルギー源となるグルタミン酸も豊富です。その量は、100グラムでしいたけの56個分。うま味がたっぷり含まれるため、飲むだけでなく調味料として料理にも活用できます。

今後は、医療機関と連携し、『はだ恵り』と腸内フローラとの関わりの研究も進め、さらにたくさんの方の美容と健康に役立てていきます。
3種類の米糀に段階的に酵素を添加

■わずか37軒。限界集落発の地域特産品として
『はだ恵り』を製造するのは、わずか37軒の集落である、岐阜県郡上市母袋地区にある自社農場「ネオナチュラル母袋有機農場」。原料の一部は、地元農家と共同で農場内で栽培し、地元業者からも原料を調達。製造も郡上出身のスタッフが行っています。郡上市の道の駅や観光名所で販売するなど、地域おこしの特産品としての一翼も担っています。
自社有機農場で栽培

<地域産業資源活用事業とは>
当該地域に特徴的なもとのして認識されている地域産業資源(農林水産物、生産技術、観光資源)を活用して、中小企業者が商品の開発・生産、需要の開拓等の事業を行うこと。今回『はだ恵り』は、岐阜県の歴史ある清酒製造技術を活用して開発した事業として、農林水産省および経済産業省から認定されました。

■赤ちゃんから大人の女性向けまで~製品ラインナップ~
「腸内フローラ」に着目して開発
<有機ハーブでホッとひと息『はだ恵り~楽(らく)~』>
価格・容量:1,200円(+税) 550g
原材料:米(国産)、米糀(国産)、有機へちま水、はとむぎ、有機へちま、カモミール、ラベンダー/酵素
濃縮タイプ

<温活素材の生姜やカボチャを配合『はだ恵り~温(おん)~』>
価格・容量:1,250円(+税) 550g
原材料:米(国産)、米糀(国産)、有機へちま水、はとむぎ、かぼちゃ生姜、柚子、カモミール/酵素
濃縮タイプ

<赤ちゃんからの育菌をサポート『1才からのはだ恵り』>
価格・容量:1,250円(+税) 550g
原材料:米(国産)、米糀(国産)、有機バナナ、リンゴ果汁、有機ニンジン、はとむぎ、有機へちま水、カモミール/酵素
濃縮タイプ

■取り扱い店舗:直販サイト、道の駅古今伝授の里やまと(郡上市)、Naturally 松坂屋名古屋店、イオン一部店舗、アミング等

直販サイト:https://www.neo-natural.com
楽天市場店:https://www.rakuten.ne.jp/gold/neo-natural/
母袋有機農場:https://www.neo-natural.com/fs/life/c/motai