• HOME
  • トピックス
  • りんご果汁100%使用のリンゴ酢サイダー「RINGO STAR(リンゴスター)」30,000本限定で発売

りんご果汁100%使用のリンゴ酢サイダー「RINGO STAR(リンゴスター)」30,000本限定で発売

福島県産りんご果汁を100%使用したリンゴ酢サイダー「RINGO STAR(リンゴスター)」が、30,000本限定で2019年8月19日(月)に発売開始されました。このりんご酢サイダーは、福島県の一般社団法人COOL AGRI(クールアグリ)と一般社団法人東の食の会が、共同で開発いたしました。
リンゴスター
「RINGO STAR(リンゴスター)」について
RINGO STARは、「ふくしまから新しい農業のカタチを創る」福島県の農業者団体COOL AGRIと東の食の会のコラボレーションによって開発されました。太陽をたくさん浴びて育ったりんごの果汁100%をたっぷりと使用。(果汁の使用量は10%未満)。また、健康効果が高いことで知られる酢を、ティースプーン3杯分に相当する30cc(8.8%相当)使用しました。
消費者調査によると酢ドリンクを飲む理由として20%程度の人が「栄養補助」「高血圧や高コレステロールなどの予防」「健康に対する不安解消」を理由に挙げており、夏の暑い時期にぴったりの健康ドリンクです。
しっかりとした酢の風味と、たっぷりのりんご果汁とのバランスで、さわやかに酢を楽しむことができる味覚設計になっています。
りんご酢サイダー「リンゴスター」
■商品概要
名称:RINGO STAR(リンゴスター)
内容:340ml
特長:福島県産りんご果汁100%使用(果汁率10%未満)、りんご酢含有量 8.8%
フレーバー:リンゴ酢サイダー
販売先:小売店中心
製造者:トレボン食品株式会社
販売元:一般社団法人COOL AGRI

■一般社団法人COOL AGRI(クールアグリ)
「ふくしまから新しい農業のカタチを創る。今へ、そして100年先の未来へと伝える我らが誇る福島の食を進化と継承」をテーマに活動する福島県全域の生産者で構成される団体。地域のしがらみ、競合心を超え、各市町村の垣根を越えて、震災から4年後の2015年3月11日に一般社団法人 Cool Agri を設立。各地域から情熱を持った生産者が集い、「農業を豊かに」「農業を憧れに」「農業を仕事に」次世代の農業者創出をミッションに、ツアー等の農業体験イベント、企業研修、商品の開発、農園間での人材のシェアなど、様々な取組みを行っている。

◼ 一般社団法人 東の食の会
「東の食に、日本の力を。東の食を、日本の力に。」をモットーに、東日本大震災によって被害を受けた東日本の食産業の長期的支援を目的として2011年に創設された一般社団法人です。東北の食の販路開拓や、商品プロデュース、人材育成を行い、当初の5年間で約150億円の流通総額を創出することに成功。これまで累計 600万缶、20億円以上を売り上げている岩手発のサバの缶詰「サヴァ缶」や、スーパー海藻「アカモク」、福島の寄付つきドライフルーツ「りんごポリフェノールのチカラ」、福島の伝統的漬け床三五八(さごはち)」をリブランディングした「358 (サゴハチ)」といった商品開発のプロデュースを行い、東北の食からヒット商品を生み出している。