• HOME
  • 記事
  • トピックス
  • 元祖「金沢カレー」のチャンピオンカレーが米国・西海岸へ!北陸の老舗カレーチェーン初の海外事業進出

元祖「金沢カレー」のチャンピオンカレーが米国・西海岸へ!北陸の老舗カレーチェーン初の海外事業進出

1961年創業、「金沢カレー」の元祖として知られる、株式会社チャンピオンカレーは、南カリフォルニアへの出店を皮切りとして米国に事業進出いたします。去る6月30日(火)(※日付は現地時間)にはカリフォルニア州ロングビーチの人気飲食モール、「SteelCraft Long Beach」において海外一号店を出店いたしました。また8月中旬にはロサンゼルス市リトルトーキョーエリアにおいて、旗艦店となる「Champion’s Curry Little Tokyo」を開店、2店舗体制でスタートいたします。

チャンピオンカレー海外進出

米国西海岸で、チャンピオンカレー初の海外進出

チャンピオンカレーにとっては、今回が初めての海外進出となります。多様な人種構成を誇り、異なる食文化への受容度が高いカリフォルニア州から事業を開始、近い将来には他の大都市圏も対象とした多店舗展開を計画。「日本のカレーを現地化し、アメリカにおいても国民食のひとつとして広く親しまれること」を目標としております。

2000年代後半より、米国では空前のラーメンブームが発生しましたが、このムーブメントはラーメンというジャンルのみならず、「低~中単価帯でファストフード・コンセプトの日本食に対する認知とニーズの高まり」と捉えられます。ラーメンと同じく《手軽さ》と《日本食ならではの旨味》を兼ね備えたカレーライスは、それに続くものとなると考えております。

カレーライスに加え、新メニューのカツサンド&カレーディップを主力商品に!

展開ブランド名は「Champion’s Curry」とし、通常のカレーライスに加え、《カツサンド&カレーディップソース》を新しく主力メニューとしてラインナップ。国内での営業経験をベースに、ファストカジュアル・コンセプトのカレーダイナー業態として開発いたしました。
カツサンド&カレーディップの画像

チャンピオンカレーのレシピをベースに、現地企業と協働しブラッシュアップ

今回の進出に当たって、チャンピオンカレー創業者が遺した秘伝のカレーソースレシピをベースに、より現地化すべくアップデートいたしました。LA市内の大手食品製造企業と提携し、約一年のやりとりと試作・確認を進める中、現地の嗜好をヒヤリングする機会に恵まれました。結果、両社の意見を反映させ、所謂「金沢カレー」らしい特徴に忠実ながらも、より現地の消費者に受け入れられ易い風味に仕上げられています。
ファストカジュアル・ダイナーした金沢カレーの画像

定番の豚カツに加え、多彩なトッピングやサイドメニューをご用意!

金沢カレー」といえば言わずと知れたトッピングとなっているカツ。Champion’s Curryではフライトッピングにも力を入れ、日本で提供されるものと同様にサクサクの歯触りのカツ各種(チキン、ポーク、ビーフ、メンチカツ 等)も、現地サプライヤーと共同開発いたしました。

上記の他に現地ならではのアレンジとして、ダイスカットトマトと刻みらっきょを和え、爽やかな酸味を加える「トマトラッキョ・サルサ」を添えます。また通常の「金沢カレー」ではカツの上にソースをかけるところ、Champion’s Curryではサワークリームに変えアクセントとしています。国内店舗でも人気トッピングであるチーズには、ハラペーニョのピリ辛感が効いたナチョチーズソースを採用いたしました。

その他、サイドメニューも「カレーチーズ・フレンチフライ」や「エッグマカロニサラダ」等の、ユニークで多彩な取り揃えとなっております。
多彩なメニューの画像