• HOME
  • 記事
  • トピックス
  • コロナ禍の終息を願い博多祇園山笠「退治」をテーマした「縁起菓子」初の全国販売スタート!

コロナ禍の終息を願い博多祇園山笠「退治」をテーマした「縁起菓子」初の全国販売スタート!

博多で創業し115年目を迎える菓子屋 石村萬盛堂は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため「延期」となった令和二年度の博多祇園山笠に際し、山笠の期間限定でお作りしていた「祇園饅頭」、「大黒飴」を今年限定で「番外・祇園饅頭」「番外・大黒飴」として、疫病退散という山笠本来の意味をしっかりと受け止め期間限定で全国販売を初めて行います。

戦後初の延期となった「博多祇園山笠」

770年以上も続く博多の伝統的な祭り「博多祇園山笠(山笠)」が、来年に延期となりました。太平洋戦争による中断から1948年に復活して以来、初めての見送りです。そんな中、山笠の中心である博多総鎮守櫛田神社(お櫛田さん)は「博多の町の為に」との思いで、博多の町で唯一、例年通り境内に飾り山を建てる決断をされました。

博多総鎮守櫛田神社 山笠

石村萬盛堂は、1241年博多に疫病が流行った時、承天寺の開祖聖一国師が施餓鬼棚(せがきたな) に乗って町中に祈祷水をまいて疫病を退散したという起源にならい、こんな時だからこそ山笠に欠かせない縁起菓子「祇園饅頭」の伝統の味で、お櫛田さんをはじめとする博多の町に、賑わいや元気を添えたいと考えております。

祭りのない今年、山笠に参加する予定だった方や、毎年山笠見物に全国からお見えの皆様に少しでも山笠の気分を味わってもらいたいと思い企画しました。「番外」ということで、例年 博多・福岡のみで販売のところ、今年は「BASEでオンラインストア」を立ち上げ全国へお届けします。日本全国に、疫病退散の祈願の意を込めた「番外・祇園饅頭」をお届け出来れば幸いです。

番外 祇園饅頭 / 販売期間 7月1日~7月15日

祇園饅頭 赤短冊 青短冊
ほんのり酒かすの風味が漂う生地の祇園饅頭

ほんのり酒かすの風味が漂う生地で、甘さ控えめのこし餡を包んだふくよかな祇園饅頭。博多の各家庭では山笠の時期に「祗園饅頭」を神棚にお供えした後、みんなで食べて悪事災難を払う風習があります。

今年の祇園饅頭の「包み紙」は櫛田神社と人形師・中村人形様のご好意で、本年の櫛田神社の飾り山の下絵をそのまま用い、表・見送りの二種類をご用意いたしました。本年の飾りの題材は、「表・清正公虎退治誉」と「見送り・桃太郎鬼退治誉」。戦国武将の加藤清正と古くから語り継がれる桃太郎が虎や鬼を退治する様子を表現し、コロナ感染終息への願い、平穏な日々への祈念を重ね合わせたテーマです。

表・清正公虎退治誉
櫛田神社の飾り山の下絵:表・清正公虎退治誉

見送り・桃太郎鬼退治誉
櫛田神社の飾り山の下絵:見送り・桃太郎鬼退治誉

櫛田神社にてお祓いをしていただいた包み紙に、祇園饅頭をお包みします。包みを解いた後は縁起物として、額装できるサイズに工夫しました。大切にしていただければ幸いです。

表・清正公虎退治誉:中村人形 中村信喬氏
見送り・桃太郎鬼退治誉:中村人形 中村弘峰氏
題字:中村ふく氏

【販売内容】
●祇園饅頭 1個:150円(税込)
●祇園饅頭(赤短冊)表・清正公虎退治誉 5個入:750円(税込)
●祇園饅頭(青短冊)見送り・桃太郎鬼退治誉 5個入:750円(税込)
●祇園饅頭(赤短冊)表・清正公虎退治誉 10個入:1,500円(税込)

※6月15日よりご予約開始します。※郵送はクール便対応となります。
※商品には限りがございます。売り切れの際はご了承ください。