• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • 今夏は品川上空で癒しのバカンス気分、ハワイをテーマにした「アロハ・アフタヌーンティー」

今夏は品川上空で癒しのバカンス気分、ハワイをテーマにした「アロハ・アフタヌーンティー」

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル26階、カフェ&バー「リュトモス」では、2020年7月1日(水)から8月31日(月)まで、「アロハ・アフタヌーンティー」を提供いたします。
緊急事態宣言解除後、心身ともに疲れを感じている女性の皆さんに少しでもアフタヌーンティーで癒されてほしいという願いをこめて、多くの日本人が大好きな海外のデスティネーションであるハワイを今季のテーマに選定。“思いやり”や“調和”、“喜び”などといった様々な意味をもつ「アロハ(ALOHA)」というハワイアンスピリットを感じていただけるような、上質な旬食材を贅沢に使ったスイーツ&セイボリーを考案しました。
品川上空、天井高27メートルの吹抜け空間にて、癒しのアフタヌーンティータイムをお届けします。

アロハ・アフタヌーンティー

エグゼクティブペストリーシェフ 鈴木崇志が考案する今季のメニューは、トロピカルフルーツやハワイで人気のスイーツ&フードを使った洗練のコレクションです。
思わず写真を撮りたくなるパイナップルの形が愛らしいマカロンや“Aloha”のメッセージをあしらったマンゴーとココナッツクリームのカップケーキをはじめ、ハワイアンブルーの海と空をイメージしたブルーハワイのジュレには、健康意識の高いアメリカで人気となり最近日本でも注目が集まるアーモンドミルクを使ったブランマンジェをペアリング。涼やかなジュレにまろやかなブランマンジェが秀逸な味わいです。そのほかマカダミアナッツの食感が特徴のホワイトチョコレートのブラウニーやスーパーフードとして知られる甘酸っぱいアサイーのレアチーズタルトといった、常夏のハワイにいるかのようなスイーツの数々をお楽しみください。
セイボリーには、ハワイの人気フードをラインナップ。ハワイの神の島と言われるカウアイ島から名づけられた“カウアイの宝石”という海老を使ったガーリックシュリンプから、ロコモコのライスバーガー仕立て、そしてマグロのさいの目切りを風味豊かな胡麻油でマリネしたハワイ料理の“アヒポケ”を生春巻きのスタイルでお召し上がりいただく一品まで、ハワイの定番料理をラグジュアリーに昇華させたアイテムを揃えました。
豊富なティーセレクションとともに、ハワイを感じる癒しのアフタヌーンティーを堪能しながら、バカンス気分なティータイムをお過ごしください。

アロハ・アフタヌーンティー
アロハ・アフタヌーンティー
アロハ・アフタヌーンティー

アロハ(ALOHA)とは
ハワイの挨拶「アロハ(ALOHA)」は、Hello(こんにちは)だけでなく、「ようこそ」、「さようなら」、「ありがとう」、「愛しています」など様々な意味をもつ言葉。以下の5つのハワイ語の頭文字を合わせてつくられており、現地では“アロハ・スピリット”に基づき行動することが求められる法律が存在するなど、アロハの精神は人々の暮らしに根付いています。

Akahai(アカハイ):思いやり
Lokahi(ロカヒ):調和、協調性
Olu’olu(オルオル):喜び
Ha’a Ha’a(ハアハア):謙虚、素直な心
Ahonui(アホヌイ):忍耐

加えて、ハワイ語でALOは「~の前に」、そしてHAは「神の贈り物、命」をいう意味があり、「神の贈り物であるあなたの前にいる」、「それぞれが神様の前にいるように、お互いに清らかな心でいよう」という想いがつまった言葉でもあると言われています。ハワイの人々は、自身の心や精神といった内面を整え、他者には思いやりをもち、感謝の心を忘れず、慈悲と愛情を与えることで幸福を分かち合うという、「アロハ」の心を大切に日々過ごしています。長期に渡る外出自粛を終え、これまでとは違うであろう価値観と向き合い、「新たな日常」を歩み始めた私たちに必要な精神でもあるのではないでしょうか。