• HOME
  • トピックス
  • 宮崎県新富町の「こゆ野菜カフェ」が無添加食パン『九パン』の完全予約販売をスタート

宮崎県新富町の「こゆ野菜カフェ」が無添加食パン『九パン』の完全予約販売をスタート

一般財団法人こゆ地域づくり推進機構がプロデュースする地域交流コミュニティカフェ「こゆ野菜カフェ」は、九州の素材にこだわった無添加の食パン『九パン』の完全予約販売を、2020年2月22日(土)より開始します。

『九パン』は、九州パンケーキを運営する株式会社一平(宮崎県宮崎市、代表取締役:鬼束文士)が2018年から展開するブランドで、小麦から発芽玄米、バター、乳製品に至るまで、すべての主原料を九州の豊かな大地から穫れる天然素材にこだわった無添加の食パンです。『九パン』の完全予約販売は、「九州パンケーキカフェ 宮崎本店」(宮崎市)、「九州パンケーキKitchenイオンモール宮崎店」(同)、武家屋敷 伊東邸(宮崎県日南市)に次いで4カ所目となります。

こゆ財団とこゆ野菜カフェは、毎日の食卓に欠かせない食パンだからこそ安心安全な自然素材にこだわるという『九パン』のブランド理念を共有し、新富町、児湯郡におけるエシカル消費を促進。SDGsの目標12「つくる責任 つかう責任」の達成に尽力します。
天然素材にこだわった無添加の食パン『九パン』

■特徴:規格外食材の活用や食品ロス削減につづく、エシカル消費認知拡大へのチャレンジ
「こゆ野菜カフェ」は、持続可能な地域の実現を目的として、空き店舗をリノベーションして2018年8月に宮崎県新富町にオープンしました。新富町産をはじめとする児湯郡の野菜をふんだんに使っており、「焼き野菜スープカレー」(税込680円)やムスリムフレンドリーの「9種類の地穫れ野菜がゴロゴロ入ったスパイシーカレー」(税込780円 ※土日限定)といったメニューが好評です。
同店では、規格外の野菜や皮・種まで活用したメニュー開発を通じて、エシカル消費の認知拡大を進めています。今回の『九パン』完全予約販売も、その取り組みの一つです。

<こゆ野菜カフェ 概要>
住所:宮崎県児湯郡新富町富田1-21
電話:0983-32-1150
時間:ランチタイム11:30〜14:00、カフェタイム14:00〜16:00
定休:月曜、第2・4日曜
HP:https://koyu.cafe/

<こゆ野菜カフェでの『九パン』完全予約販売について>
「こゆ野菜カフェ」では、毎週火曜〜木曜に予約受付を行い、毎週土曜に店頭にて直接販売(受渡)いたします。商品は受取当日に宮崎市内で焼き上げたものを直送してお渡しします。
◎初回販売 2020年2月22日(土)
◎初回予約 2020年2月18日(火)〜20日(木)
◎予約方法 店頭または電話(毎週火曜〜木曜11:30〜16:00)
◎購入方法 店頭にて直接受渡(毎週土曜11:30〜16:00)

小麦の品種ミナミノカオリ

<『九パン』概要>
『九パン』は、九州の素材にこだわった無添加の食パンです。小麦はパンに最適な品種ミナミノカオリ(熊本県玉名産)を中心として独自にブレンドしているほか、宮崎県綾町で農薬を使わず育てられた合鴨農法の発芽玄米、長崎県雲仙のもちきび、佐賀県の胚芽押し麦、熊本県と福岡県からは稲作の源流である古代米の黒米と赤米を使用。すべての主原料を九州の豊かな大地から獲れた天然素材にこだわった食パンとして、2018年3月の発売以来、多くのファンを生んでいます。
*『九パン』http://kyu-pan.jp/

◎商品ラインナップ
・角パン(二斤/税込980円)
ミナミノカオリ(熊本県玉名産)をはじめとした独自配合の小麦。良質なバターや乳製品(牛乳、クリーム)を贅沢に使用したリッチでシルキーな口どけが楽しめます。

・山パン(一斤/税込540円)
ミナミノカオリ(熊本県玉名産)と石臼挽した小麦を配合。九州パンケーキにも使われている九州各県の穀物をブレンドした“ふわもち”の食感と香ばしい風味が特徴です。

安心安全な野菜を使ったメニュー