• HOME
  • グルメ
  • メディアで話題の“パフェみたいな海鮮丼”を『酒蔵 ゴエモン』中野店・板橋店・東長崎店でも提供開始!

メディアで話題の“パフェみたいな海鮮丼”を『酒蔵 ゴエモン』中野店・板橋店・東長崎店でも提供開始!

パフェみたいな海鮮丼
テレビで紹介された“パフェみたいな海鮮丼”をお手頃価格で!
『酒蔵 ゴエモン』中野店・板橋店・東長崎店の3店舗は、2019年10月1日(火)から、「パフェみたいな海鮮丼」の提供を開始しました。
現在、姉妹店の『米家ル 高田馬場』で提供しており、8月にテレビでも紹介された人気メニューです。また、2019年10月1日(火)~同10月31日(木)の期間限定で、販売記念価格でのご提供をします。艶のある新米を使用した「パフェみたいな海鮮丼」をお楽しみ下さい。

まるでパフェ!?華やかな海鮮丼
生本マグロとイクラ、ウニをたっぷりと盛った「パフェみたいな生本マグロ丼」、贅沢な組み合わせの「雲丹ソースで味わう鯛丼」、まろやかな食感が堪らない「アボカドソースと生サーモン丼」の3種類をご用意いたしました。味へのこだわりはもちろん、見て楽しんでいただけるよう、カラフルなパフェに見立てた丼ぶりに仕上げております。陸前高田市オリジナルのブランド米「たかたのゆめ」の新米をふっくらと炊き上げたご飯に、ミョウガ・大葉をアクセントに加えた酢飯でさっぱりと召し上がって頂きます。ご飯の量は大盛りも可能ですので、可愛らしい見た目に反して、食べ応えも満足して頂ける一品です。

パフェみたいな生本マグロ丼
◇ パフェみたいな生本マグロ丼 1,240円(税抜)
※11月1日(金)以降は2,480円(税抜)
【 新鮮な生本マグロをウニといくらで贅沢に味わう 】
国産の生本マグロの赤身・中トロ・大トロに加え、ウニ、いくらを贅沢に味わえる一品です。
「生マグロ」とは、“加熱していないマグロ”ではなく、“水揚げされてから一度も凍らせていないマグロ”を指します。市場に出回るマグロの約8割が冷凍、残りわずか2割が「生マグロ」です。「本マグロ」と呼ばれる品種のマグロは、肉質や脂の乗りが良く、部位によって大きく味が異なるのも魅力です。各部位の食感や旨味をご堪能ください。

雲丹ソースで味わう鯛丼
◇ 雲丹ソースで味わう鯛丼 840円(税抜)
※11月1日(金)以降は1,680円(税抜)
【 鯛の旨味と贅沢な雲丹ソース 】
豊洲で仕入れた鯛と、雲丹ソースの贅沢な味わいが一度に楽しめる一品です。透き通った白身に凝縮された旨味を、濃厚な雲丹ソースが引き立てます。新鮮な鯛の歯ごたえに加え、いくら、海藻ビーズの食感が楽しめる仕上がりになっています。

アボカドソースと生サーモン丼
◇ アボカドソースと生サーモン丼 840円(税抜)
※11月1日(金)以降は1,680円(税抜)
【 とろける生サーモンの食感を 】
鮮やかなオレンジ色の身にまったりとしたアボカドソースを絡めています。生サーモンのとろける舌触りにわさびマヨネーズのツンとした辛味の相性が抜群です。そのままで十分お楽しみ頂けますが、九州産の甘口醤油を少し垂らせば、さらに深い味わいになります。

復興応援米「たかたのゆめ」
【復興応援米「たかたのゆめ」使用】
東日本大震災で甚大な被害を受けた、岩手県陸前高田市。農業の復興を目指し、栽培が開始されたブランド米「たかたのゆめ」は、地元の農家の方々が心を込めて育て上げたお米です。
すっきりとした甘味、もっちりとした粘り気のある食感が特長で、そのものの味がよいのはもちろんのこと、生本マグロやウニ、いくらを引き立てることのできるお米です。