• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • ブラジル料理シュラスコのパイオニア「バッカーナ」に長さ50cm以上のマンモスグリルが新登場!

ブラジル料理シュラスコのパイオニア「バッカーナ」に長さ50cm以上のマンモスグリルが新登場!

ブラジル料理シュラスコのパイオニア「バッカーナ」は、「シュラスカリア バッカーナ デマイス(銀座)」「シュラスカリア 銀座バッカーナ ジョイア(博多)」の2店舗にて、長さ50cm以上の巨大肉の塊「マンモスグリル」の提供を2019年8月1日よりスタートします。

マンモスグリル

巨大な肉の塊をグリラーを使って調理する!重さ5キロ以上、長さは50cm以上の”マンモスグリル”が新登場!
ブラジルのシュラスカリア(シュラスコレストラン)では、串で焼くシュラスケイラ(シュラスコマシン)の他に、に合わせてグリラーも使って焼いています。
バッカーナは、日本のシュラスカリアではあまり見られないグリラーも導入し、本場と同様に肉の部位に合わせた焼き方で、肉の美味しさを最大限に引き出しています。
マンモスグリルは重さ5キロ以上、長さは50cm以上という見た目のインパクトが絶大の逸品!焼き上げる前にフロアに登場し、肉の大きさをご覧いただいてから仕上げます!
焼き上げるタイミングが限られますので、シャッターチャンスをお見逃しなく!
どうしても写真に収めたい方は、事前にお問い合わせください。
※味付けはシェフが部位によって変更します。
※通常コース内でお楽しみ頂けます(追加料金不要)

肉の塊
マンモスグリル

シュラスコのパイオニア “BACANA(バッカーナ)”
1991年、東京で初めてのシュラスカリアBACANAがオープンしました。
あれから28年、日本にたくさんのシュラスカリアができましたが、バッカーナが考えるシュラスカリアとは「本場ブラジルの魂をそのままに、日本のお客様に喜んで頂けるお店」。まだ赤身肉が市民権を得ていなかった28年前に、バッカーナではブラジルと同じスタイルをそのまま再現しました。音楽やサンバショーを行うシュラスカリアはバッカーナオリジナル。

シュラスコのパイオニア