• HOME
  • 記事
  • トピックス
  • 疫病封じの妖怪「アマビエ」が令和納豆に降臨!特大サイズの”納豆ばくだんおにぎり”販売開始

疫病封じの妖怪「アマビエ」が令和納豆に降臨!特大サイズの”納豆ばくだんおにぎり”販売開始

​茨城県水戸市のベンチャー企業である株式会社納豆(本社:茨城県水戸市河和田3-2296-39、代表取締役社長:宮下 裕任、以下「当社」)は、疫病を封じると言われた伝説の妖怪”アマビエ”を取り入れた「アマビエ納豆ばくだんおにぎり」を、当社が運営する納豆ご飯専門店「令和納豆」にて、2020年5月1日(金)から1日300個限定で販売致します。
それによって得られた利益は全額、新型コロナウイルス感染拡大防止の活動支援金として寄付致します。

アマビエ納豆ばくだんおにぎり

伝説の妖怪「アマビエ」

江戸時代の弘化3年(1846年)、肥後の国の海に現れ、疫病や豊作を予言したと言われている妖怪です。
アマビエは当時、「疫病が流行した際は私の姿を絵にして描き写し人々に早々に見せよ。」と助言し、海へ帰っていったと伝えられています。

アマビエ伝説

『肥後国海中の怪』(京都大学附属図書館所蔵)

300gの特大サイズ!?「納豆ばくだんおにぎり」1個150円(税込)

令和納豆で人気の特大サイズの手作りおにぎりです。
精米仕立ての茨城県産コシヒカリ300g(お茶碗約2杯分)に、手作りの国産納豆と、納豆に合う味付けをした具材を贅沢にぎっしりと詰めています。忙しい日の朝ご飯、健康に気を付けたい昼ご飯、外出を控えたい夜ご飯にオススメです。体にもお財布にも優しく、納豆による免疫力アップも期待できる愛情たっぷりのおにぎりです。
納豆ばくだんおにぎり

全国の納豆10種類と100種類以上のトッピングが楽しめる、水戸の納豆ごはん専門店「令和納豆」

全国各地で生産された納豆と、オススメのトッピング食材を楽しむことができる納豆ご飯専門店です。植物性タンパク質では珍しいアミノ酸スコア100の納豆と、漬物や薬味などの定番のトッピングから、魚介・・珍味などの贅沢なトッピングまで、様々な納豆ご飯を堪能できます。

店名:納豆ごはん専門店 納豆スタンド「令和納豆」
住所 :〒310-0022 茨城県水戸市梅香1-2-5 アーバンビジネスホテル2F
アクセス:JR水戸駅北口より徒歩10分、常磐高速水戸I.C.より車で20分
HP:http://reiwanatto.jp/

「アマビエ納豆ばくだんおにぎり」に込める想い

新型コロナウィルスが世界中で猛威を振るう今、不安や恐怖に駆られている方の一人でも多くにエールを送りたいと思い、納豆ごはん専門店としてできる限りのことをしようと決めました。当店で人気の”納豆ばくだんおにぎり”に、疫病を封じる妖怪”アマビエ”の絵を取り入れることで、早期終息の祈願やお客様の癒しに繋がることを心から願います。
量産化の準備が整い次第1日1,000個の生産と、全国へのクール便配送も行う予定です。
アマビエ納豆ばくだんおにぎりアップ

利益は全額寄付

アマビエ納豆ばくだんおにぎりの売上による利益は、必要経費を差し引き、全額を新型コロナウイルス感染拡大防止の活動支援金として寄付致します。
新型コロナウイルス感染拡大防止