• HOME
  • 記事
  • グルメ
  • シュラスコ料理専門店「バルバッコア」虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーにオープン

シュラスコ料理専門店「バルバッコア」虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーにオープン

2020年4月16日(木)、シュラスコ専門店「バルバッコア」の日本国内9店舗目となる『虎ノ門ヒルズ店』が、虎ノ門ヒルズ ビジネスタワーにオープンします。

シュラスコ料理専門店「バルバッコア」
「バルバッコア」は、1990年、ブラジル サンパウロに誕生した、グローバルな人気を誇るシュラスコ料理専門店です。日本では、1994年、表参道にオープンし、その後、丸の内、渋谷、新宿、六本木、高輪、心斎橋、梅田、 2015年12月に高輪店が加わり、 計8店舗を営業しています。
メニューは、希少価値の高い牛肉の部位を楽しめるシュラスコ(ブラジリアンバーベキュー)や、ブラジルの食材を味わえるサラダバーなど、全50種類近くあるお料理をブッフェスタイルでお楽しみいただけます。虎ノ門ヒルズ店も、他店同様にグレードの高いシュラスコとサラダバーを提供します。

シュラスコ料理とは

シュラスコ
シュラスコ料理とは、ブラジリアンバーベキューのことです。塊のまま串に刺し岩塩のみで焼き上げたジューシーなお肉を、「パサドール」と呼ばれるスタッフがそのままの状態でテーブルまでお持ちし、お客様の目の前でお好きな部分をお好きなだけ切り分けてご提供するスタイルのバーベキューです。岩塩のみのシンプルな味付けで、を一切使わずに焼き上げる為、の余分なも落ちてとてもヘルシーです。

メニュー

サラダバー
バルバッコアのシュラスコ料理のメニューはサラダバーもセットにした食べ放題となっております。
牛肉は、赤身と脂身のバランスが良く、柔らかい肉質とジューシーさが特徴的な「ブラックアンガス牛」を主に使用しています。一般的に牧草だけで育てられた「グラスフェッド(牧草肥育)」と言われる肥育と、牧草で肥育された後、穀物によって肥育される「グレインフェッド(穀物肥育)」という肥育方法があります。
バルバッコアでは、「グレインフェッド」のなかでも、150~180日間の中期穀物肥育によって育てられた「ミドルグレインフェッド」の牛肉を使用していますので、上質な味わいがお楽しみいただけます。
他にも豚肉、鶏肉、野菜など、約15種類のシュラスコ料理に加え、店内中央にあるサラダバーでは、フレッシュベジタブルやヤシの芽、ブラジル食材、デリなどを40種以上取り揃えています。

ランチ
・平日 シュラスコ 3,600円
 シュラスコ・サラダバー・デザートビュッフェ・ドリンクバー 2時間
・平日 グリルランチ 2,200円~
・休日 シュラスコ 3,800円
 シュラスコ・サラダバー・デザートビュッフェ 2時間

ディナー
・シュラスコ 5,400円
・シュラスコ・サラダバー 2時間
・デザートブッフェ 700円

※価格はすべて税別です

ドリンク
カイピリーニャ
サトウキビを原料として作られる、ブラジル原産の蒸留酒「ピンガ」を使ったカクテルなど、バラエティ豊かなドリンクメニューをご用意しております。たっぷりのライムをすりつぶし、お好みで砂糖を加え、「ピンガ」を注いで作られる「カイピリーニャ」は爽やかながらも、しっかりと強い本場の味わいです。他にも「ピンガ」とココナッツミルクを合わせた「バッチーダ・デ・ココ」やスタンダードカクテルなどもご用意しております。ソフトドリンクも、ブラジルで人気の炭酸飲料「ガラナ」や、南米のハーブティー「マテ茶」、「マラクジャジュース」などブラジルのドリンクをお楽しみいただけます。

基本情報

店名:バルバッコア 虎ノ門ヒルズ店
住所:〒105-6403 東京都港区虎ノ門1-17-1 虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー3F
アクセス:地下鉄日比谷線 「虎ノ門ヒルズ駅」 (※)および 銀座線 「虎ノ門駅」地下通路連結
想定客単価:平日ランチ3,200円、ディナー6,800円 / 休日ランチ4,000円、ディナー6,500円
営業時間:平日11:30~15:00 (L.O.14:00)、17:30~23:00 (L.O.22:00) / 休日11:30~16:00 (L.O.15:00)、17:00~22:00 (L.O.21:00)
オープン日:2020年4月16日(木)
オフィシャルWEBサイト: http://barbacoa.jp/toranomon/
WEB予約:https://www.tablecheck.com/shops/barbacoa-toranomon/reserve

※地下鉄日比谷線 「虎ノ門ヒルズ駅」は2020年6月開通予定です