• HOME
  • 記事
  • トピックス
  • 新潟・沖縄の2つのチーズ工房が「World Championship Cheese Contest 2020」においてシルバーを受賞!!

新潟・沖縄の2つのチーズ工房が「World Championship Cheese Contest 2020」においてシルバーを受賞!!

アメリカ・ウィスコンシン州で3月3(火)~5日(木)に開催された「World Championship Cheese Contest (WCCC)2020」において、佐渡乳業の「農場カマンベール雪の花みそ漬け」(新潟)、リトルグリークキッチンの「マリネード読谷ティリー」(沖縄)の2工房がシルバーを受賞し、“ジャパンチーズ”の品質と魅力を世界に向けてアピールしました。
World Championship Cheese Contest 2020
「World Championship Cheese Contest」は、アメリカ国内向けと全世界を対象とする国際コンテストを毎年交互に開催しています。今年は国際コンテストの開催年で、世界的にも著名なチーズ・コンペティションとして知られています。今年は123のカテゴリーに、26カ国から3,667品がエントリーしました。
今回のWCCC2020では日本の国産ナチュラルチーズ16工房/28品が出品。佐渡乳業の「農場カマンベール雪の花みそ漬け」、リトルグリークキッチンの「マリネード読谷ティリー」がカテゴリー2位に与えられるシルバーを受賞し、アメリカでも、日本のチーズの品質や競争力を証明しました。
最終日に行われた一般向けの試食イベントでもブースを出展し、日本のチーズの魅力や作り手の想いを発信しました。

佐渡乳業の「農場カマンベール雪の花みそ漬け」

佐渡乳業の「農場カマンベール雪の花みそ漬け」

リトルグリークキッチンの「マリネード読谷ティリー」

リトルグリークキッチンの「マリネード読谷ティリー」

「World Championship Cheese Contest 2020」審査の様子

審査の様子
コンテストは123のカテゴリーに分けられ、2日間にわたって審査が行われた。世界各国から集まったチーズが審査会場のテーブルにカテゴリーごとに並べられ、世界各国の大学教授やバイヤーなどチーズについて専門的な知識を持つ55名の審査員によって審査がスタート。各カテゴリーの中から上位3位までに、ゴールド(金賞)、シルバー(銀賞)、ブロンズ(銅賞)が与えられる。ゴールドに選ばれたチーズはさらに20の「Best of Class winners」に選別され、ファイナル審査の「The World Champion Round」に進出。ファイナル審査では各評価項目の平均点が一番高く、繊細で洗練された風味であると評価されたスイスのチーズ「グルミノ ル グリュイエールAOP(Gourmino Le Gruyère AOP)」がワールドチャンピオンに選ばれた。
今年のワールドチャンピオンに輝いたスイス「Gourmino Le Gruyère AOP」