サンクトガーレン、新型コロナウイルス終息願いビール「アマビエIPA」発売

サンクトガーレン有限会社は2020年4月28日(火)より、疫病を鎮めるといわれる妖怪アマビエのビール「アマビエIPA」を発売します。
妖怪アマビエのビール「アマビエIPA」ラベルのアマビエイラストは『もやしもん』『惑わない星』などで知られる漫画家の石川雅之氏に協力を得ました。新型コロナウイルスが収束するまで製造を行い、利益は「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」に随時寄付します。

アマビエとは

アマビエは江戸時代に現れたとされる、人魚に鳥が混ざったような妖怪です。長い髪に鳥のようなクチバシ状の口、菱形の目や耳、体には魚のように鱗があります。”疫病が流行ったら、私の絵を描いて人々に見せよ”と言ったと伝えられ、SNSには沢山のイラストが投稿されています。厚生労働省も新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ啓発画像として起用し話題になりました。

アマビエIPA 発売の背景

私たちは新コロナウイルスの感染が拡大する中で“何か出来ることはないか”と、ずっと考えていました。海外のブルワリーでは需給がひっ迫している消毒用アルコールを製造し、医療機関へ提供する活動が行われています。しかし消毒効果のある高アルコールの酒造りは蒸留設備が必要で、薬事法や消防法などの問題もありました。

そんな中、夏のビールイベント中止を報告するSNSの投稿に、アマビエの絵を貼った架空の瓶ビール写真を使ったところ「本当に発売してほしい」と反響を頂きました。ちょうど工場にはイベント用に準備をし、行き場を失ったビールがあり一気に実現へと動きました。
妖怪アマビエのビール

アマビエIPA 概要

アマビエIPAは柑橘系アロマが特徴の7種類のホップ(※)を使用しています。柑橘のような香りがするだけではなく、果汁まで入っているのではないかと思わせるジューシーさがあります。たっぷりの小麦麦芽にオーツ麦も使用したボディはクリーミーで滑らか。後味はドライで、それなりの苦さも兼ね備えています。7%という少し高めのアルコールを持ちながらも瑞々しい飲み口で、これからの暑い日にぴったりです。
※Azacca、Ahtanum、Warrior、Citra、Ekuanot、Simcoe、Mosaic
ホップを計量するサンクトガーレン代表取締役の岩本
【商品名】 アマビエIPA(アマビエアイピーエー)
【内容量】 330ml  
【アルコール度数】 7%
【発売日】 2020年4月28日(火) 新型コロナウイルス感染が収束するまでの限定
【販売場所:価格】 
・サンクトガーレン取扱店店頭:希望小売価格 1本 460円(税別)  
・オンラインショップ:3本セット クール送料込 2,230円(税別)
 https://sanktgallen.shop-pro.jp/?pid=150467944

※オンラインショップでは先行予約を受付中。
初回3000セットはオリジナルステッカー付でお届けします。ステッカーは5分の1の確率で特別版が入ります。
アマビエIPA