• HOME
  • 記事
  • 美容・健康
  • 喜界島産はちみつに“免疫力”を高める効果を発見  京都産業大学と喜界島薬草農園の共同研究

喜界島産はちみつに“免疫力”を高める効果を発見  京都産業大学と喜界島薬草農園の共同研究

株式会社喜界島薬草農園(本社:鹿児島県大島郡、代表取締役:石原 健夫)は、京都産業大学 総合生命学部 動物生命医科学科教授 竹内 実教授との共同研究にて、喜界島産のはちみつに免疫力を高める可能性を発見致しました。
非加熱・無添加のはちみつ

鹿児島より380キロメートル、奄美群島の北東部に位置する喜界島は、温暖な気候で、四季を通じて花々が咲き乱れています。この気候に適した特産品として、喜界島薬草農園では、2年前から養蜂を始めました。冬でも花が咲く島には、本州の養蜂業者が蜂たちを越冬に連れて来るほどで、一年中、養蜂ができる稀な場所です。
自然豊かな島での養蜂

はちみつは世界でも親しまれ、嗜好品としてだけでなく健康増進・抗菌作用などの機能性を活かした食品としても利用されています。私たちは喜界島という特別な土地で育った、生命力豊かな蜂たちが作り出すはちみつに、何か特別な機能がないかと竹内 実教授と共同研究を行ってまいりました。
この度、動物へのはちみつ投与試験において、サイトカインの遺伝子発現増強、マクロファージの貪食能の増加、活性酸素産生機能増強などを確認しました。この結果は、喜界島のはちみつは免疫力を高め、ウィルスや細菌感染を予防する効果があることを示唆しています。
今後は更に研究を継続し、学会での発表を目指してまいります。

喜界島のみつばち喜界島の四季折々の花から採蜜するみつばち島の太陽と潮風で育ったはちみつ

■会社概要
会社名:株式会社喜界島薬草農園
所在地:〒891-6162 鹿児島県大島郡喜界町阿伝1535
代表者:代表取締役 石原 健夫
設立:2013年4月
資本金:2,400万円
事業目的:農産物及び薬草栽培並びに農業経営、地域特産品の研究開発、加工製造販売、農産加工品の販売
URL:http://yakusonoen.kikaijima.co.jp/
オンラインショップ:https://kikaijima.co.jp/

【注目の記事】